« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月27日 (火)

あんた、おもろいやんけー(1)

Story_2ya_a 今日から始まりました。「あんた、おもろいやんけー」のコーナー。要するに、おもろいもんをみつけたら紹介してまうでーというコーナーでんがな。まんねん。おますー。って、どんだけテキトーな関西弁並べる気だ。

第一回は「窪塚洋介と平成ネオ・ナショナリズムはどこへ行くのか」(中島岳志『論座』一月号)。『中村屋のボース』で一躍有名になった中島君の論文です。論文といっても、立ち読みで5,6分で読めるので、本屋で待ち合わせをするときなどにでも是非。僕としたら、窪塚洋介が色々してくれることを期待してるんですが、最近はなかなか面白いことをしてくれないので残念です。

http://media.excite.co.jp/book/daily/friday/030/

それに関連して、日本に帰ってきたイチローが「愛国心みたいなものが強く芽生えてきてます」って「わざわざ」宣言してたのが興味深いです。ああ、やっぱりイチローさんって今まで日本のことが嫌いだったんですね?って聞いてみて欲しかったなあ。オリックス時代に近鉄ファンにいじめられたのを根にもって、「アメリカのファンは、日本のファンよりレベルが高いので嬉しいです」って言っていたのが懐かしいです。

弱いチームに苦言を呈してリーダーシップを発揮するつもりが、監督批判・チームメイト批判とアメリカメディアに報道され、孤独に追い込まれたイチロー。そういえば今年は、アメリカの評論家に「イチローは大した選手じゃない」って言われたり、3割打てるか微妙だったり、大変でしたね。イチローほど成功しても、アイデンティティ確保がままならないんでしょうか。

イチローに「強く芽生えてきた」のは、「愛国心」じゃなくて「憧れのアメリカで成功したと思ってたのに、いまだよそ者扱いしかしてくれないアメリカに対する怒り」だと思いますがね。そんなもんが芽生えてきたのを発表されてもなぁ。来年からテーマ曲を「とんぼ」にしたらどうですか?って答えるしかないよなぁ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

真央をトリノに連れてって

Im00027828  マオは、ホント楽しそうにスケートを滑ってるなぁ。スケートが大好きなんでしょうね。見てるこっちも楽しくなります。TBSで働いてるお姉さんも喜んでるよ、ってそれは小林家の空騒ぎでした。僕が言いたいのは浅田真央。

1年間で3歳くらい年をとっているというウワサのある安藤美姫がでてるトヨタのCMによると、試合でスケートを楽しめたときに自分で自分を超えられるそうです。それくらい、楽しんで試合ができるってのはすごいことなんでしょうね。

なのになあ、あんなにすばらしい選手がオリンピックの大舞台で見られないなんてなぁ。

この手の騒動は、なんともうさんくさいんですよね。アマチュアスポーツの世界はプロに比べて特に選手がバカを見ますがね。「ルールはルール」とかいってる、国際スケート連盟のチンクアンタ会長(イタリア)が自国のアイドル的存在の選手がメダルを取れなくなるのを恐れてるんじゃないかってのは良く報じられてるところですが。でも、チンクアンタは日本の連盟から陳情がくれば考えてもいいっていってるわけで。

日本スポーツ連盟の城田憲子強化部長の「五輪のために育ててきた選手もいるのに、たった一人の女子選手のために国際スケート連盟への陳情はできない」って言葉は印象的でした。たった一人の選手より大切なものってなんだろう?

城田強化部長ってのは、オリンピックでメダルを取るべく、旧社会主義圏で行われてきたような徹底したエリート教育のシステムを構築した人です。そして、そのトリノへ向けたシステムの中に、浅田真央は入っていないわけですよね。

浅田真央オリンピックでメダル→銅メダル候補揃いの他の強化選手がメダルをとれない→連盟内で徹底したエリート教育システムへの懐疑論噴出→城田強化部長の連盟内での地位が危うくなる。

おー、さおだけ屋がなぜつぶれないかを考えるより簡単な図式登場。いや、想像ですけど。でも、日本のアマチュアスポーツ界の連盟やらなんやらちゅうのは、だいたい、独裁的な誰かのパワーで成り立ってたりしますからね。選手はほったらかし。国際大会で惨敗しまくってた水泳なんか古橋広之進元会長がいなくなったら急に選手が生き生きしだしましたよね。

いや、実は僕もちょっと前まで、他の選手も素晴らしいんだから浅田真央を出さなくたっていいジャンって思ってたほうなんですけど。確かに、安藤・中野・村主(たぶんこの組み合わせ)でメダルも含めて十分良い成績残せると思いますよ。村主なんて最後のオリンピックだろうしね。だしてやりたいです。

でもなー、オリンピックの大舞台って言うのは素晴らしい選手をさらに輝かすんですよねー。メダルがどうのこうの言うより、単純に今最高に輝いている浅田真央がどれくらい輝くのか見てみたいっていうスポーツファンの願いは叶わないんでしょうか。

少なくとも、この騒動で、たった一人の選手のために何かをするのが連盟の仕事だっていうことが日本のアマチュアスポーツ界に広がればせめてもの救いだったんですがね。そんなふうにならなさそうなのが残念です。

http://www.nikkansports.com/ns/sports/f-sp-tp0-051219-0014.html

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月13日 (火)

サッカーワールドカップとオレンジレンジとビクトリア夫人

Img2 サッカーワールドカップの組み合わせが決まったらしいです。どこが優勝しますかねー。

僕はアルゼンチンのサッカーが好きだったんですけどね。今大会はパブロ・アイマールがスタメンで出場できなさそうなのでプンプン言ってます。さとう珠緒です。

あー、アイマール様の柔らかなタッチのパスが欲しいわぁ~。うおぉー、パスをくれー。まあ、僕の場合、決定的なパスを出してもらってもシュートは決められないですけどね。見事、空振るぜ。あるいは高原みたいにポストに当てまくるぜ。

で、アイマールの代わりにスタメンで出そうなのがORANGE RANGEのYAMATO(写真)です。「ぜんぜんYAMATOって顔じゃないのにYAMATOっていう名前」の合言葉でおなじみのYAMATOですね。

何の話かというと、YAMATOと、アイマールのポディションに収まりそうなルイス・ゴンザレス(ポルト所属・アルゼンチン代表・似てる写真が見つからないので知らない人はワールドカップのお楽しみにしてください)が似てるんじゃないかって話です。いや、すごく似てるってわけじゃないんだけど、時折見せる雰囲気がね。まあ、どっちにしろ、今日からオレンジレンジはアルゼンチン人グループってことでいいんじゃないかと思います。よくないです。

で、日本ですが。あまりにも、まあまあな組合わせすぎますね。苦戦しそうなクロアチアだけでなく、監督の采配と空中戦が日本より勝るオーストラリアからも勝ち点3取るのは大変そうではありますが。まあ、守備には期待できないけど、点とって16強行って欲しいものです。

前回大会で共催した韓国はえらく良さげなグループです。シードではフランスが一番弱いと思うんだよねー。また、ワイロか。まあ、パクチソンパクチソンつぶやいてれば16強にいけそうです。

せっかくなら、決勝が日本・韓国戦になってヨーロッパ人に「今回のワールドカップはツマラン」とか言わせてやりたいものですが。

で、今大会の注目は普通過ぎるけどやっぱブラジルでしょう。ぜひとも攻撃にかける選手を4人ではなく、5人にして欲しいです。アドリアーノ・ロナウド・ロビーニョの3トップにロナウディーニョ・カカの2トップ下。やばいです。ブラジルではかなり議論が巻き起こったらしいです。まあ、実現にはロビーニョがもうちょっとレアルで結果をだすのが必要かな。

それにこうしてくれた方が、日本の勝機も見えてきそうです。どうせ、0点に抑えるのは無理なんだからね。まあ、3試合目だから場合によっちゃあ手を抜いてくるかもしれないけど、せっかくなら本気のブラジルをやっつけちゃいたいね。ジーコを泣かせてやりたいね。って、ジーコは味方でした。

あと微妙にイングランドも強そうだと思ってたら微妙な死のグループ入り。まあ、右サイドはベッカムじゃなくS・W・フィリップス(チェルシー)使った方がいいんじゃないのかね。前大会でそうだったけど、右クロスの精度が低いとベッカムは普通の選手だからね。

もしベッカム使うなら、右サイドバックでビクトリア夫人を起用したらいいと思います。その際は、忘れずに、ビクトリア夫人にベッカムの不倫相手の写真を持たせておきましょう。怒って追いかけてくるビクトリア夫人から逃げるため、ベッカムは走るね。とにかく走るね。高速で走るね。すごい運動量だ。ベッカム、新境地ついに開拓!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

君にジュースを買ってあげる

A_photo♪あん あん あん あんあ あん あん♪

♪あん あん あん あんあ あん あん♪

ということで、宮藤官九郎・阿部サダヲなどのバンド「グループ魂」のニューシングル「君にジュースを買ってあげる」ですが。歌詞がたまらないです。むちゃくちゃです。かなりパンクです。どんな歌詞か僕が説明してもつまらないので、聞いてない人はぜひ一回曲を聞いてほしいですが。まあ、とりあえず、歌詞だけでも。

http://www2.kget.jp/lyric.asp?c=0&a=%83O%83%8B%81%5B%83v%8D%B0&t=&b=&n=12af924ee102c715563e159f61c0a78d%2F34665

このグループ魂、紅白歌合戦に出るらしいです。やるな、NHK。「スキウタ」なんて意味ねーよ、NHKのどこが公共放送だよって民放各局に叩かれてるだけありますね。叩かれすぎて壊れちゃったか。でも、小学生のときに、「大晦日に紅白を見ないやつは日本人じゃない」って「ちびまる子ちゃん」にスパルタで教え込まれた僕としてはうれしい限りです。(映画「大野君と杉山君」を参照)

まあ、グループ魂が「君にジュースを買ってあげる」を歌うとは限らないんですけど。でも、ほかの曲はパンク過ぎるからね。「パンチラオブジョイトイ」とか「駒込バースト」ですからね。「駒込バースト」は「ババァもバースト」とか言っちゃってますから。これ歌ったら来年はババァの受信料拒否率が急上昇だな。

ただ、「君にジュースを買ってあげる」を歌ってる最中に、田嶋陽子が殴りこみにやってくるのは間違いないですけどね。急遽、紅白総合司会のみのもんたと対決です。田嶋先生VSみのもんた。お客さんに「どっちと友達になりたくないか」を聞いて多い方が勝ちです。これは大接戦だね。曙VSボビー・オロゴン戦くらい大接戦になるね。って、接戦じゃあ困ります。曙、もっとがんばるように。

もし、みのもんたが田嶋先生に負けるとこれは大変なことですよ。司会の仲間由紀恵と山本耕史では、先祖がイノシシなことで有名な田嶋先生を止められないね。突進してくるぞ!大変だ!

このような災難に備えてグループ魂が歌っているときには後ろの方に「舛添要一人形」を置いておくといいと思います。田嶋先生はマスゾエ人形に向かって突進するから人的被害はゼロです。備えあれば憂いなし。そうか!これがアメリカに命令されて有事法制作ったときに小泉首相がよく言ってた「備えあれば憂いなし」の意味だったのか。さすが、小泉!思慮が深い!

有事法制で思い出したけど、SMAPの新曲「Triangle」はすばらしい出来の反戦歌に仕上がっています。紅白のトリにふさわしいと思いますね。興奮して鼻息が荒くなっている田嶋先生にもこれを聞かせてあげましょう。きっと大人しくなって山に帰ってくれます。「ウリ坊と一緒に達者に暮らせよ~」

そういうわけだから、SMAPがいれば、マスゾエ人形は不要ですね。ネズミ小僧のマスゾエさんも山にお帰り。もう町には降りてこないでいいよ。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

WaTと織田信成の関係性理論

Umck5135 WaTはウエンツ瑛士と小池徹平のユニットです。Wentz and Teppeiの略でWaTだそうです。なんだよ、ありきたりだな。まあ、僕は自慢じゃないが、WaTと聞いたら電球しか思いつかなかったがね。どうだ、まいったか。って、想像力の貧困さにまいりました。

で、この二人、どう見ても、ウエンツが欲しているほどには、小池徹平はウエンツを欲していないように見えます。ウエンツが望む「笑い」を小池徹平が望んでいるようには見えないし。で、数少ない二人を結びつける糸が音楽なわけですね。

ただ、僕は気づいちゃったんだな。ふふふ。二人を結ぶ太い糸にね。それは、泣き芸だっ!

ウエンツは「ロンドンハーツ」(火曜21時テレ朝系列)で保阪尚輝にいじめれて、土下座しながら号泣して以来、どうも泣き芸を身につけようとしている節がありますね。ウエンツのファン層は年上が多いっぽいから泣いたほうが芸能界で生きていけそうっていう戦略が見え隠れします。

おそらく、ウエンツは泣き芸を身につけて最終的には「あいのり」(月曜23時フジ系列)のレギュラーを狙っているね。加藤晴彦、あぶないぞ!気をつけろ!(BY長井秀和)

小池徹平も、実は泣いてます。まあ、普段から潤んだ子犬のような目をしてますけど。ミュージックステーションに初めて出演したときに泣いてました。苦労して苦労してやっと晴れ舞台に立てたんだ、という感激からか号泣して歌が歌えなくなってました。かーわーいーいー、てっぺーくん、かーわーいーいー。

ただ、小池徹平の曲を聞いていた、東京事変のおっさんたちは曲が終わるやいなや「けっ、大して苦労もしてねえくせに、なに泣いてんだよっ」って大声で叫んでましたがね。心の叫びね。本当に大声で叫んでいたらタモリが泣いていたと思います。

T2005010501で、織田信成。男子フィギュアスケート、NHK杯で優勝するという快挙を成し遂げた18歳。織田信長の子孫というのでも有名です。織田信長ファンの期待を裏切ったというのでも有名です。

まあ、やっぱ織田信長っていうとかっこいいイメージがありますからね。400年以上経ってるとはいえ、子孫の顔から信長の顔も想像できるってもんでして。う~む。

しかも、性格が強気だったりすれば、まだイメージどおりなんですが、トリノ五輪出場枠争いのライバル・高橋大輔が「織田に勝ってトリノには俺が行く」なんて超強気なのと違って、「五輪は考えてません」なんて弱気の発言。

しまいには、NHK杯で優勝したことが決まった瞬間、キスアンドクライ(選手が採点を確認する場所のこと)で、またもや号泣してしまいました。いや、NHK杯で優勝なんて並大抵の努力でできるわけないから、泣くのは普通なら感動的なんですけど。

でも、18歳が「うわーん、うわーん」って大声で言いながら泣いてるのはなぁ~。漫画以外で「うわーん」って明確に発音しながら泣いている人を始めて見たよ、あたしゃあ。しかも、2分くらいずっと「うわーん」って言ってたし。「うわーん、ドラえもーん、ジャイアンにまたいじめられたよー。」

こういうわけで、歴史学者の中では、信長も実は弱気で泣き虫だったんじゃないかという論争が巻き起こってるらしいです。なんと、桶狭間の戦いは、信長が夜泣きをすることによって今川義元を睡眠不足にさせて勝った戦いだったのだ!

しかし、なんで小池徹平が泣いたらかわいいのに、織田信成が泣いてもかわいくないんですかね。今世紀最大の謎ですね。ただ、この謎が解けても、決してみんなにいわないように。「シックスセンス」の結末くらい、みんな簡単に解けちゃってますから。残念!

こんなふうにいってみたけど、僕は織田信成が阪神ファンだと知ったので、応援することに決めました。泣き虫なのも嫌いじゃないしね。がんばれ、信成クン!あと、WaTもね。

http://www.universal-music.co.jp/wat/

http://www.nobunari.com/

| コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月 4日 (日)

地元じゃ負け知らず そうだろ

051111203322

そうだろって言われても、おっちゃん困ってしまいます。

「まあ、お客さんが地元じゃ負け知らずだっていうんでしたら、そうなんでしょうけど。」って、あたかもちょっと逆ギレ気味の家電量販店の店員のような返事をしてしまいそうです。例えが意味もなく長いです。古館伊知郎か。

で、なんのことかといえば、「SI!」でおなじみの修二と彰『青春アミーゴ』のことです。卓球の愛ちゃんじゃないです。あれは、「SA!」です。たぶんね。愛ちゃんケチだからなんていってるのか教えてくれないんですもの。

「SI!」のちょっとあとの「修二と彰」の振り付けがたまりません。南海キャンディーズのしずちゃんがコンビニのCMで妻夫木に向かって発砲しているときの指の形をしながら「修二と彰」がくるくるしています。ファンも一緒にくるくるしています。説明下手だな。まあ、各自見ておくように。テストに出ます。

あと、明らかに修二と彰より目立っているジャニーズJr.の少年(写真中央)が常にカメラ目線なのにも気になります。そういえば、木村拓哉の月9『エンジン』にも出てたなあ。ジャニーさんの一押しなんですかね。

修二と彰がミュージックステーションに最初に出てきたとき、タモリが「修二と彰」というユニット名を聞いて大爆笑してたのが忘れられません。なんで大爆笑だったんですかね。

おそらく「修二と彰」が新宿2丁目っぽい名前だったからじゃないですかね。少年大好きジャニーさんの名づけたユニット名が新宿2丁目っぽいから大爆笑。タモリ、毒舌だな。ゲストとのトークは表面的に、がモットーのタモリ(ホントかよ)とは思えない毒舌ぶりだな。

やっぱ、ジャポニカロゴス(火曜23時・フジ系列放送)でタモリの学習帳魂に火をつけちゃったんでしょうね。  

あっ、どうもロゴスって学習帳って意味じゃないみたいです。なんだ、ジャポニカ学習帳について語る番組かと思ってたのに。ジャポニカ学習帳で勉強したから毒舌になったわけじゃなかったのか。ちょっぴり残念。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051129-00000016-kyodo-ent

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

BENNIE K

Bk126 BENNIE Kっていう名前は弁慶(BENKEI)と義経(YOSHITUNE)から取ったんだよって誰かが言ってました。誰だっ。すいません忘れました。

たぶんBENNIE Kのどっちかだと思う。YUKI(写真右)かCICO(写真左)。CICOは、しっこではありません。いや、しっこかもね。でも、おしっこではないと思う。そりゃそうだ。

で、BENNIE K。どう見ても、名前の中に、弁慶(BENKEI)しか入ってないんですけど。

義経め、恐れて逃げおったか、この臆病者めが!

いや、義経はそんな奴じゃないはずです。そうか、BENNIEの「I」は「YOSHITUNE」の「I」だったのかっ。義経には愛だけあればそれでいいんだよ、ってBENNIE Kからのメッセージだったんだな。なるほど!合点承知したぜ!ってそんなわけありません。

BENKEIはほとんどフルネームでBENNIE Kに使われてるのに、義経はIだけですからね。今年の大河ドラマが義経だったから、リップサービスしちゃったんだろうね。

大河ドラマの義経はタッキーです。かっこいいです。でも、演技が下手です。義経の幼少期を演じた神木龍之介に最後まで演じてほしかったなあ。メイクすれば何とかなるんじゃないのかなー。背が小さすぎる気もするけど、そこらへんは、ほら、CGとかなんかでちょちょいとできるんでしょ。できるのか。

まあ、もう12月で、義経も終わりだからどっちでもいいんですけど。

そんなことより、ベニーケーとタッキーを足して大体2で割ると、ベッキーになりますぜ。世紀の大発見!

って、そんなことのほうがどっちでもいいです。

http://www.forlife.co.jp/bennie_k/pc/info.html

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »