« 働き者は損をする時代? | トップページ | さあ、奥さん、トリノ五輪ですよ。(前半戦の展望) »

2006年2月 3日 (金)

野村克也の功罪(かつら編)

遂に2月に入り、プロ野球キャンプインです。いやぁ~、早いもんですな。
セリーグは東京ヤクルトがなかなか侮れなさそうです。パリーグもロッテ・ソフトバンクの戦力が下がってきて面白くなるでしょうか。

そんな中、また最下位が確定しそうなチーム。その名も楽天ゴールデンイーグルス。結局、まともな補強といったら、ホセ・フェルナンデスくらいですか。まあ、ショートとセドリックもいるけど、セドリックはもう、おうちに帰っちゃったみたいですぜ。

ミキティ、もうちょっと、補強してくれよって感じですね。ドラフトも地域密着は素晴らしいんだけど、地域密着より先に戦力アップをしないと。ミキティ~

で、そんな中、楽天で唯一、話題なのは野村克也監督ですね。サッチーとそっくり夫婦でおなじみのブルドッグです。ソースをかけてやりたいね。

というわけで、今日の題材は野村克也元阪神監督、阪神時代の功罪についてです。

結論から言っちまうと、僕は野村克也をなかなかの名監督だと思ってるわけです。人格はひねくれすぎているけども采配はグレイト、総合的に判断して、監督としては名監督だろうと。野村の場合、人格非難と純粋な監督としての評価とが混合してしまうので残念だな、という感じですね。

まあ、一般的には野村家の人々はみんなマイナスの視点で見られてるんでしょうけど。でも、本当は、団野村は閉鎖的な日本球界の中にいる選手の夢を切り開いたパイオニアだし、カツノリも性格が良く後輩から慕われるムードメイカー的存在で打撃だけなら一軍にいてもおかしくないレベルなはずです。
まあ、カツノリが性格が良いのってはミステリーなんですけどね。よっぽど、かなり、相当、ベリー、両親を反面教師にしたんだろうと思います。

とはいっても、最近の阪神の監督の中でベストは誰だったかといえば、そりゃあ星野仙一ですわな。優勝してやめたんで更に英雄度が上がりました。岡田も仙一抜けるくらいにがんばってほしいですけど。岡田は、まだまだ全国区で知名度低いからねえ。僕が中学生のころ「岡田彰布」という名前の書いてあるシャープペンをもっていても、ほとんどだれも「あきのぶ」と読めなかったですから。今でも大して変わらんでしょう。東京はそういうところです。東京は怖いぞー。東京はお化けが出るぞー。

仙一がそんだけ素晴らしい闘将だったとしても、前の監督が野村じゃなかったら2年目に優勝って言うのは無理だったと、はっきりそう言い切れます。まあ、仙一なら遠くないいつかには優勝してくれてただろうけどね。

で、逆にここ最近の阪神の監督でワーストは、ムッシュムラムラじゃなかった、ムッシュ吉田(第3次)・吉田義男でしょうね。怪我で使い物にならなくなったアロンゾ・パウエルを中日から獲得し、地上5㍍地下3㍍がストライクゾーンだと思い込んでいる大豊を当時阪神では貴重なアベレージバッターの関川等と交換して獲得、当時は大降りして三振するのが大好きだった桧山を2番に据えるという最高の采配を見せてくれました。

ムッシュは山崎拓議員に負けず、愛人と変態プレイをしているなんて報じられたこともある大人物だったんですが、「集合時間に選手が9人そろっていることが珍しかった」というフランスでの監督の生活は国際交流としては素晴らしくても、プロ野球の最前線に復帰するには無謀だったという感じですね。

いまではムッシュ吉田はフランスの選手から「ヨーダ」と呼ばれていたなんて話を聞いて、ほほえましい感じになっているのがちょうど良いです。(そういわれてみれば、すごくヨーダに似てる)まあ、シーズン始まれば無理やり不思議解説を聞かされるけど。

ムッシュで思い出したんで、話は変わるけど、ムッシュかまやつの髪の毛ってかつらですよね?あれって、かつらじゃないんでしょうか?かつらだと思うんだけどなあ。かつらじゃないかなぁ。

更に、かつらで思い出したんだけど、マスコミなんかにも出てて有名な、ドリームインキュベータ社の堀紘一社長はかつらだっていう疑惑があるらしいですね。

僕は、「いかにもかつらそうな髪型の人はかつらではない」の法則を支持しているので、かつらじゃないと思うんだけどなあ。
でも、この「いかにもかつらそうな髪型の人はかつらではない」の法則は姉歯元建築士によって破られそうになったので、さすがにビビりましたね。
聞いたところによると、マスコミがアネハ元建築士のかつらのメーカーがどこなのか探そうとしてメーカーに問い合わせたら、どこのメーカーの担当者にも「うちのかつらはあんなに品質が悪くありません」と怒られたという話があったそうですが。
アネハさん、かわいそうに。
ユー、次、国会に呼ばれたときには、「俺はかつらじゃないぞー」と叫んじゃいなよ。
くれぐれも偽証罪に問われる宣誓をする前にね。

で、ドリームかつら社の堀社長ですけど。
ドリームかつらっていうくらいだから相当すごいと思うんですよねー。
これから、春が近づいて強風も吹くわけじゃないですか。すごいビュービュー風が吹くわけじゃないですか。
普通のかつらだったら飛ばされちゃいますよね。
でも、なんたってドリームかつらですから。中央部の頭皮との接着性はすごいんだと思うんですよ。

すごい風が吹きますよね。中央部は髪と頭皮がしっかりくっついてますよね。でも毛先はやっぱ遊ばせてるわけですよ。
そうすると、かつらの毛先がくるっくるくるっくる回るんじゃないですかね。すっごい回るんじゃないですかね。すっごいスピードで回転しちゃうわけですよね。
最終的には、遠心力が出てきて、そのうち浮力なんかも出てきて宙に浮いちゃったりするんじゃないですかね。

♪そーらをじゆうに、とーびたいなー。
はいっ、ヅラコプター♪

やっぱ、ドリームかつらはすごいです。なんたって、空を飛べるんだからね。

夢あるねー(BY猫ひろし)

しょーりゅーけん(BY猫ひろし)

らっせらーらっせらー(BY猫ひろし)

って、猫ひろしを押しとけば、野村克也のことは忘れてもらえるんじゃないかと思ったんですが、ダメですか。そうですか。
にゃあ、「野村克也の功罪」はまた(後編)で。具体的に書いてみたいと思います。

参考文献:ttp://ton.2ch.net/hage/kako/998/998288913.html


« 働き者は損をする時代? | トップページ | さあ、奥さん、トリノ五輪ですよ。(前半戦の展望) »

コメント

とらっこさん、こんにちは。
野村監督の功罪、いつのまにかムッシュ吉田の話になっていて、かな~りウケました。ブルドック夫婦に私もソースかけちゃいたいです(笑)。
今、阪神ファンの間では野村氏の評価は半々ぐらいでしょうか???
私は監督としては買っているのですが、選手批判などの人格的なトコロではあまり好きになれなくて「びみょう~」なトコロです。
ところで、前半は「ムッシュの功罪」の方が大きく取り上げられていたように感じられました。後半、「野村監督」の功罪、具体的に挙げて頂けるのを楽しみにしています。

投稿: MAG | 2006年2月 5日 (日) 15時27分

MAGさん、どうもこんにちは。

阪神ファンの野村評価は、仙一がうまいこと野村の遺産を活かしたこともあって、冷静さを取り戻したという感じですね。(その前までは全否定論者一辺倒でしたもんねぇ~)
だとしても、野村の人格的な部分を好きになれる人はあんまりいないでしょうね(笑)

今週からトリノオリンピックが始まるため、しばらくはそっちを書こうと思っているので、野村克也の功罪はもうちょいあとになってしまいそうですが、お許しください。
「ムッシュの功」についても書きたいんですけど。
阪神についてはいくらでもかけてしまうので、どうやって書くかが問題です。
野村克也の功罪についても、話すことが多すぎて残り一回では終わりきりそうもなく、(また、ほかのネタがないとき用のためにも)あと何回かに分けて書くかもしれませんが、おつきあいのほどよろしくお願いします。

投稿: とらっこ | 2006年2月 7日 (火) 19時05分

とらっこさん、コメントへの返信有り難うございました。

野村氏の評価、星野氏の影響で大分復活したんですね~。虎ファンのくせに知らんかった....orz 私の周囲にはノムさんの采配について来られなかった選手批判をする人が多かったので、ちょっと意外でした。

ムッシュは、個人的にどうしょうもない浪速のオッチャンなところとかファンなので、ムッシュの功罪も楽しく読ませていただきました。渡仏の件とかは虎ファン以外には分からないネタや~(笑)と家族みんなで笑っていましたし...。

とらっこさんは、ひーやん贔屓なんですね~(笑)虚弱虎体質がふわりっと漂ってる最期の虎戦士ですから絶滅危惧種として大事にしたいです。
私のイチ押しは、恥ずかしながら昨シーズン阪神一ブーイング男だったケイちゃんだったりします~。ひー、きっとM体質なのですね~、自分...orz

あ、あと勿論狙っていたはずのネタ、「アネハヅラ」ネタのトコロも、猫ひろしのトコロも掌握術中に填って笑いのツボに的中しました。一応、報告しておきますね。

トリノも話題がきっと豊富でしょうね。
とらっこさんならではの切り込みにて、美味しく調理して下さることを期待しています。長くなりましてすみません(汗)

投稿: MAG | 2006年2月 8日 (水) 20時21分

MAGさん、こちらこそ、どうもありがとうございます。

いやあ、ご家族そろって虎ファンとは素晴らしい家族ですなぁ。ブラボーですねー。

野村についてこれなかった選手批判とは、なかなか手厳しいお友達ですね。
僕は個人的には、あくまで監督より選手こそが最重要だと思うんで、選手に合わせない采配をするようじゃあ監督もダメだと思ってるんですけど。

僕もケイちゃん好きですよ~。
僕も中学生のころ、体育教師に「髪が長すぎるから切ってこい」っていつも注意されてたんで、井川の気持ち、分かるなあ(笑)
まあ、みんな、井川を真のエースと認めているからこそ、言うことも厳しくなるんでしょうね。

桧山は岡田に好かれていないようなので、どうしても応援したくなってしまいます。長いこと阪神ファンやってると、どうしても判官びいきになっちゃってますからねー。

投稿: とらっこ | 2006年2月 9日 (木) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4026/600882

この記事へのトラックバック一覧です: 野村克也の功罪(かつら編):

» 野村克也の功罪 [その後]
野村監督って元阪神の監督で有名なのかぁ.この間古田君が監督になって,ヤクルトの監 [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 20時31分

« 働き者は損をする時代? | トップページ | さあ、奥さん、トリノ五輪ですよ。(前半戦の展望) »