« あんた、野球の季節が本格化だよっ(川藤幸三にWBCの審判〔アメリカ戦〕をやっつけてきてもらおうよの巻) | トップページ | パリーグ順位予想と戦力分析 »

2006年3月19日 (日)

春の新ドラマ紹介・2006年4月期

もう4月です。早いなぁ。今年度は1年が8ヶ月くらいしかなかったんじゃないでしょうか。
4月といえば年に二度のテレビ的にはでかい改編期。ということで、4月からの新ドラマはどうかなっ、と。

冬の1月-3月期は、世間的には篠原涼子ブレイクということで「アンフェア」が好評だったようで。個人的には、やっぱ「時効警察」がダントツだったと思いますけどね~。僕もイギリス人を見習って日曜はメガネをかけて過ごそうと思います。

で、春の新ドラマ。

まず、「SMAP×SMAP」の構成作家で森三中・大島美幸の夫である鈴木おさむ氏が大島との恋愛から結婚までを描いた「ブスの瞳に恋してるフジ火曜10時稲垣五郎) 森三中・大島役が森三中・村上なんですが、村上とルームメイトで親友役としてMEGUMI出演。どうみても、森三中・村上とMEGUMIは親友じゃなくて双子。ドラマを見てて区別がつかなくなりそうです

で、「富豪刑事デラックス」(テレ朝金曜9時・深田恭子) 大富豪で政財界のフィクサーの孫娘・深田恭子が庶民には到底理解不能な訳の分からないことをいっているうちに金の力で事件が解決するという謎のドラマのパート2。浮世離れしてる役をさせたら最近フカキョンはピカイチですな。僕は個人的には大好きなドラマなのですが、硬派なお方にはちょっと衝撃が強すぎるかもしれませぬ。お侍様は見ぬように。

テレ朝はもうひとつ、「7人の女弁護士」(テレ朝木曜9時・釈由美子) 7人の女弁護士が女性のためにがんばるとてもまじめなお話。せっかくまじめなところ申し訳ないのですが、釈由美子は昼は弁護士だけど、夜はキャバ嬢とかの役にしてもらえないですかね。ライバルの弁護士は井上和香だし。

日テレは、小林聡美を主演で起用しちゃうくらいなので相変わらずよく分かりませんが。ジャニーズ専用枠かと安心していたら「女王の教室」で嫌がらせをしてきた土曜9時には「ギャルサー」(日テレ土曜9時・藤木直人) 藤木直人がカウボーイ役です。カウボーイとギャル・サークルの交流を描いたお話。カウボーイってあんた。しかも古田新がインディアン役。役名がジェロニモⅢ世。嫌がらせとしか思えません。

もうひとつの日テレ「ANEGO」枠は「プリマダム」(日テレ水曜10時・黒木瞳) バレエをするマダムのお話。中森明菜が出てきます。せっかくなら、友近を登場させていただきたい。「妹の明穂が…」の話を是非。

4月からはまた「渡る世間は鬼ばかり」(TBS木曜9時)が始まるのですが、なにがすごいって、父親役が藤岡琢也から宇津井健に変わるということです。要するに今回の「渡る世間は鬼ばかり」は、自分の父親がまったく別人になったのに、それに気が付くことのない、認知症4姉妹のお話ということでしょうか。せめて、初回の冒頭で、「お父さん、整形手術してきたんだー」くらいのセリフは入れてほしいものですが。でも、いくら整形しても藤岡琢也は宇津井健に変わらないよなぁ~。

他にTBSは「おいしいプロポーズ」(TBS日曜9時・長谷川京子 連ドラ初主演の長谷川京子がレストランのシェフに扮し、レストランを買収した新経営者(小出恵介)と対立しながら恋愛に発展するというありがちなお話。冬ドラマの日曜9時枠は竹之内豊チェ・ジウというコンビで「輪舞曲」をやったのに、あまりにも突飛な話で誰も付いていけなかったので、ありがちな話に戻したようですが。ただ相手役の小出恵介は22歳。22歳で買収しちゃうの?いや、別にいいけど。そんなとこだけ突飛にしてもなぁ。

月9は「トップキャスター」(フジ月曜9時・天海祐希) ニュースキャスター・天海とお天気おねいさん・矢田亜希子の恋と友情の物語らしいです。女に嫌われる女がさとう玉緒だとすれば、男に嫌われる男ランキング最上位に入りそうな押尾学と付き合って一気に好感度を下げた矢田亜希子の起用にフジは「早く決めすぎたー」と嘆いてるんだとか。さすがにもはや制作当初の清純派役では無理なので、酔うと豹変する役に変えたなんて話も出てますが、どうなんでしょう。

さらに、「アテンションプリーズ」(フジ火曜9時・上戸彩) 昔のドラマの再演らしいです。上戸彩が男勝りのキャビンアテンダントになってひっかきまわしちゃうぜというお話。ウエッティはトヨタカップ・オリンピックと散々日テレっ子ぶりをアピールしてたと思ったら、いきなり不意打ちを食らわされました。正直、「エースをねらえ!」「アタック№1」の印象から抜けきってないんですが、大丈夫でしょうか。「あずみ」は今、原作が抜群に面白いところです。関係ないけど

で、マンガ原作から「弁護士のくず」(TBS木曜10時・豊川悦司)「クロサギ」(TBS金曜10時・山下智久)「医龍」(フジ木曜10時・坂口憲二)。どれも個人的に原作が好きなので注目してるとこです。原作の「弁護士のくず」はなぜかビートたけし似の主人公で人間としてもくず(!)であるくず弁護士が人の深層心理をコメディタッチでえぐるお話。法の建前の偽善性を暴きながらもその建前を否定しない弁護士ものではオススメのマンガです。「クロサギ」は詐欺師から詐欺で金を奪い取り詐欺の被害者に金を戻すというお話。詐欺の手口がいろいろ分かって面白いのですが、僕はこのマンガの絵が好きではないのでNewsのメンバーのせいでKAT-TUNに人気を取られそうなヤマピーに期待してます。「医龍」は閉鎖的な大学病院に風穴を開ける天才外科医のお話。大学病院に関しては「白い巨塔」があるだけにドラマとしてはかなりハードルが高そうですが。

最後に水戸黄門枠は「特命!刑事どん亀」(TBS月曜8時・西田敏行) 「探偵!ナイトスクープ」じゃないのか。ストーリーは水戸黄門と同じ。まったく同じ。ただ、由美かおる入浴シーンはなさそう。おじいちゃん、残念でした。


« あんた、野球の季節が本格化だよっ(川藤幸三にWBCの審判〔アメリカ戦〕をやっつけてきてもらおうよの巻) | トップページ | パリーグ順位予想と戦力分析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4026/1141529

この記事へのトラックバック一覧です: 春の新ドラマ紹介・2006年4月期:

» 上戸彩ってかわいいですよね。 [レオの徒然日記]
上戸彩ってかわいいですよね〜。俺も上戸彩のグッズを集めてます。 [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 23時21分

» 「ドラマ」のトラックバックセンター [「ドラマ」のトラックバックセンター]
「ドラマ」に関するページを集めました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 04時43分

» 志田未来ちゃんの14才の母 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
「女王の教室」で鬼教師と闘う小学生を熱演した志田未来ちゃんが、中学2年生で出産を決意する難役に挑戦する。 11日スタートの日本テレビ系ドラマ「14才の母」(水曜午後10時)に主演。 志田 未来(しだ みらい)ちゃんは、1993年5月10日生まれ。 神奈川県出身。 血液型AB型。 身長147.5cm。 「14才の母〜愛するために生まれてきた〜」のあらすじは、私立中学校2年生の未希(志田未来�... [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 09時57分

» 志田未来ちゃんの「14才の母」 [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
「女王の教室」で鬼教師と闘う小学生を熱演した志田未来ちゃんが、中学2年生で出産を決意する難役に挑戦する。 11日スタートの日本テレビ系ドラマ「14才の母」(水曜午後10時)に主演。 志田 未来(しだ みらい)ちゃんは、1993年5月10日生まれ。 神奈川県出身。 血液型AB型。 身長147.5cm。 「14才の母〜愛するために生まれてきた〜」のあらすじは、私立中学校2年生の未希(志田未来�... [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 09時44分

« あんた、野球の季節が本格化だよっ(川藤幸三にWBCの審判〔アメリカ戦〕をやっつけてきてもらおうよの巻) | トップページ | パリーグ順位予想と戦力分析 »