« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

安倍さん、やめないでね(はあと)

いやあ、参院選終わりましたね。

この前の郵政選挙のときは選挙結果見たとき、自民が3分の2を占めて法律作り放題とかいうバランス感覚のない結果に一瞬中国かなんかの投票結果かとおもいましたが、今回もアナウンス効果は働かなかったみたいですね。

あんだけ自民惨敗って事前に言われたら、もっと自民に票が流れるかと思ったけど。
そういう意味では、ちょっと日本の選挙は怖くなってる観がありますが。もっとバランスとってもいいはずなのに。郵政選挙の時も自民圧勝って伝えられてたら、本番は予想以上に圧勝だったし。かなり心配。

勝ち馬に乗るみたいな雰囲気が蔓延してるとするならさらに微妙な気分。

ただ、個人的な感想をいえば、自民支持者の人には申し訳ないけど、これが衆院選だったら良かったのにー、の一言です。

安倍さん、自分が総理の器じゃないことも気がつかず続投宣言だそうで。まあ、これでしばらく死に体内閣が続くわけで、強行採決は事実上無理になるだろうから、続投してくれた方がいいです。なんてったって、衆院では実質自民党全権委任体制が続くわけですからね。麻生なんかが総理になったらまた風向き変わっちゃうだろうし(まあ、どうせすぐ失言して大変なことになると思うけど。)野党と良く話し合ってから法律お作りあそばせ。

安倍のまんま、早いうちに総選挙とかになればいいのになー。惜しいです。

ちなみに、選挙前にやった政党相性診断(http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/07saninsen/votematch/)で、相性良いよと教えてもらって新党日本も1議席とったらしい。良かったね、ヤッシー。僕は投票してないけど。

僕の相性診断は新党日本がなぜか60パーセントもあって、一番相性が良くない自民党と比べてかなり差がありました。

ぜんぜん新党日本が何やりたいのか知らなくてちょっと心配だったんだけど、評論家の宮崎哲弥の相性は新党日本が一番悪いということを宮崎哲弥のコラムで読んで、それなら良かったと安心しました。論理性の全くない宮崎さんと正反対ならまだまだ安心です。

にしても、青木幹雄が早い時点で安倍続投を支持しててタヌキめ、と思ったわな。
まあ、経世に総裁候補がいない以上、清和に恩売っといたほうが得だわな。

自民党のドロドロ劇は相変わらず面白いですね。
自民党はこうでなくっちゃ。
これから、どう動くのか楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »