« 2007年7月 | トップページ | 2008年4月 »

2007年10月

2007年10月 7日 (日)

探偵・癸生川凌介事件譚

久しぶりにブログを書いたといっても、亀田興毅がエリカ様の態度が悪いと苦言を呈したというニュースが面白かったからではありません。

安倍さん、やめないでね、といってあげた(上から目線!)のに、お腹が痛くなってやめてしまいましたね。
胃腸が弱い、って。
山根君か!
いや、ちびまる子ちゃんの話ですが。

で、表題の「探偵・癸生川凌介事件譚」は携帯アプリのゲーム。
http://www.genkimobile.jp/topics/s_kibukawa/index.html

面白いです。
推理ゲームってことになってますが、推理ゲームの部分よりも人間ドラマの携帯小説として楽しむと面白いです。(BGMは絶対ONで。)
普通にオススメ。

1作目から3作目は普通に推理ゲームなのでそれほど面白くないけれど、そこで世界観を認識した後に、4作目の「白鷺に紅の羽」と8作目の「五月雨は鈍色の調べ」をやると普通に泣けます。めっちゃ切ない。
「ええ話やーん」と関西弁で泣いてること間違いなしです。

そのほか「永劫会事件」や「仮面幻影事件」も社会問題を踏まえて結構練って作られてて面白いです。刑事事件好きの人は楽しめる気がします。

生きることと死ぬことと恋愛と憎悪と人間の欲望が犯罪を通して全て濾過して純粋な形で目の前に出てくる感じ。

まさかちょっとした空き時間を使った気分転換の携帯電話のゲームごときで一流の小説を読んでるような気分を体験できるとは。

最近ちょっぴり女性不信の僕ですが、ちょっぴり癒されました。ただ、フィクションの世界にしか、純粋な恋愛が残ってないとなると悲しい限りですね。いや、そんなことはないと信じたい。

なんだ、このまとめ方は。恥ずかしい奴だな。おれ。

| コメント (1) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年4月 »