« 2008年4月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月24日 (日)

G・G佐藤よ、下を向くな!〔北京五輪閉幕へ〕

うーつーむくなよ、振ーり向くなよー、と言いたいですね。
G・G佐藤の顔みて、君は美しい、とはちょっと言えねえけどなぁ~。

星野JAPAN、メダル的には残念でしたが、
キューバ戦以降の仙一の采配は、プロセスとしてかなりグッドなものだったと思うのでここで擁護しておきます。

村田やG・G佐藤を使い続けたのも、ダルビッシュを準決勝で使わなかったのも、全くおかしいことじゃなかったと思いますね。

外野手が4人しか選べない中で、G・G佐藤は打撃面を考えて選んで当然の選手だったはずです。守備がまずいのは分かりきっていたことで仕方なかったはずです。
村田修一にしてもそう。今の日本プロ野球の中で村田よりも良いパワーヒッターはまずいないでしょう。

機動力中心の選手ばっかで打線を構成すれば勝てた、なんていう人がいるけど、「バカも休み休み言え」と言いたいですね。
日本人のように圧倒的なパワーがない状態で、近代野球は投手優位の時代です。スコアラーが投手を緻密に分析して、それでやっと打てるんです。
国際試合で初めて見る投手を誰だってそう簡単に打てるもんじゃない。
どうしたって、事前準備をそれほどせずに、同じようなレベルのチーム同士で戦えば点なんか取れっこないんです。
その中で数少ない長打力は絶対的に必要なんです。

全員1番か2番打者みたいな打線にしたって、打てなきゃ点が取れるわけがない。
もし点が取れなかったら、それこそ恥ずかしい。
サッカーで10人全員DF(+GK)で自陣のゴール前に90分間居続けてるようなもんです。
なにやってんだ、って話です。
そんなん野球の魅力がなくなっちまうよ。

ダルビッシュ有を準決勝で使わなかったのも当然です。
マスコミはダルビッシュを大黒柱とかいってるけど、和田杉内成瀬と比べて特別良い投手と言うわけではないですよ。みんな同格です。
そりゃ、新聞でダルビッシュの成績を数字としてだけ見てる人は一人ずば抜けた大投手だと思っちゃうのかもしんないけど。

少なくとも、直近の日本代表のエースである松坂大輔上原浩治(最盛期〕と比べてそれと同レベルの投手になっているわけではないのは明らかでしょう。
そりゃ、2,3年たてばそこまで成長するかもしんないけど、今はそんな状況じゃあない。
星野仙一だって、それが分かってたから大事な大事な準決勝のマウンドを不調のダルビッシュには任せられなかった。
問題は、勝手にダルビッシュを大投手みたいに仕立て上げたマスコミです。それで、ダルビッシュを使わなかったのが問題みたいにいわれても、意味が分からん。
杉内和田で何が悪い。杉内和田がどんだけ良い投手だか分かってんのか。

結局、今回の敗因は、非常に残念なことですが、日本の国内リーグであるプロ野球のレベルが落ちてしまった、それに尽きると思います。
もうWBCで優勝するより前からレベルは下がってたんだけど、不幸にもWBCで優勝してしまったせいで、議論にならなかった。
地上波のテレビ中継はなくなり、子供が野球をやらなくなり、これからどんどんレベルは下がっていきますよ。

プロ野球がなければ生きていけない僕にとって耐え難い現実です。
現実を直視して、なんとかしなくちゃ。
「スモールボール」とかいう、くだらん小手先のその場逃れはやめなくちゃ。
「スモールボール」って、要するにレッドソックスのパクリでしょう。
日本のプロ野球にはプロ野球なりのよさがあるはずです。変なもんに収斂しないで欲しい。

WBCやらオリンピックなんてどうでもいいよ。ナショナリズムにしか興味のないバカは放っとけばいい。幸運なことに日本の野球にはこんなに素晴らしい国内リーグがあるんだから、まずは国内リーグです。

さて、話は変わりますが、野球の審判はヒドかったですね。特に、決勝戦で韓国のキャッチャーが退場になったのは、なんのこっちゃ、と言う感じでしたが。

オリンピックで絶対見なきゃ、と思ってたものに男子サッカーのブラジル対アルゼンチン戦があったわけですが。

途中まではホント面白かったんだけど、審判がとんでもなく強権を発動するので途中から残念なことになってしまってました。

いくらなんでも強権すぎるだろ。

JOCのジャック・ロゲ会長が「メジャーリーグの選手が出ない限り野球の五輪復活はない」と言ったらしいですね。
要するに今後一切ありえない、と言うことか。
野球はいくらでも目指すものがあるからどうでもいいけど、ソフトボールは絶対復活させてあげて欲しいですね。
どうにかならんもんかね。

男子バスケットボールのアメリカチームを見て思う。
こんな豪華なメンバーが野球でも集まったら、絶対に野球復活なのになぁ。
野球のメジャーリーグ出身者だけドーピング検査なしにしてくれればいい。笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オバマがバイデンを副大統領候補に選んだことにちょっと残念。
バイデンって確かイラク侵攻に賛成していた気がするけど。

ロシアとグルジアの武力衝突の背景には石油パイプラインが。

オリンピックが閉幕へ向けて、混迷した国際社会の情勢がまた目前に現れるわけだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

織田裕二風に言うと。来たーーーっ!!

速ぇぇぇぇーーー。
ウサイン・ボルトの速さにビビるね。
せっかくなら最後まで全速力で走って何秒出るかやってもらいたかったのにって思ってるのは素人なのかな。
まあ、興奮してるし記録なんか問題じゃないのか。

「最後は世紀の『欽ちゃん走り』ですよ!!」
NHKのアナウンサー、一押しらしく連呼。なぜそこで笑わせようとする。

ウサイン・ボルトに興奮しすぎたので野球の日韓戦は気にしない。
マイケル・フェルプスの大逆転もすごかったけどまだ気にしない。
塚原直貴は名前も目も池谷直樹に似てるけど気にしない。

塚原はそのうち10秒切ってくれそうでめちゃくちゃ楽しみ。

で、舛添要一大臣様が男子柔道を批判して「おれにやらせろ」「情けない」って言ったらしいですよ。
「やれば?」っていう。
「最後の一人まで年金がどうの」って言ってた嘘つき大臣の方がよっぽど情けないんじゃねーの、っていう。

その男子柔道の石井慧がむちゃくちゃ(っていうか青)すぎて、また篠原信一がイラッとしてましたね。
「どっちかっていうと、石井はしゃべらない方がいいですね」って。

まあ、でも内柴も石井もどっちかっていうと「柔道」にこだわらずに「JUDO」を取り入れてる二人なので柔道界的にはなかなか難しそうな感じですね。

スエマエだかマエスエだかはわかりませんが、バドミントンの3位決定戦でフジテレビが平井理央の恐ろしいほどグダグダな実況を僕らに聞かせてくれましたよ。
「最初の一点が取れてよかったですねっ。(はぁと)」って。(本当は相手に一点入ってた。)

あれを聞くと普段実況してる本当のアナウンサーってすごいなあって思うけど。
実況って簡単そうに見えるけどそんなことないんだってことが分かりました。
って、平井理央は本当のアナウンサーではないんだっけ?

それはそうと、フジテレビが中継を途中でやめたのが怒られてるらしいですね。
僕もどこの局でやってんだ、ってあわあわ探してたクチですが
ただ、NHKが生放送できる権利もってたのに、野球の日本オランダ戦の放送を選んだことの方がおかしい気がしますがね。日テレで放送してんのに!(むしろフジは途中だけでも平井アナの恥ずかしい実況で生放送してエライ!)

なんかなぁ。民放と話し合ってるくせに同じの放送する意味が分からん。地上波とBSは違うっていう論理が理解できん。デジタル大使のクサナギ君に怒られるぞ。

お願いだからNHKは視聴率なんか気にせず、幅広く放送してください。
視聴率気にしなくていいのがNHKのいいとこなのに。民放よりマシなのは明らかなんだから変な批判は気にすんな、といいたいね。

っていうか、そのあとVTRで放送する予定あるんならメダル獲得をテロップで速報しないで欲しいけどね。

・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、スエマエオグシオがすごい仲が良いのと対照的に仲が悪そうな感じがたまりません。

「馨とやってこれたことが一番輝いていたので。だからこのメダルも金メダルだと」
姉妹での金メダルをあれほど欲しがっていた銀メダリスト・伊調千春の笑顔がたまらない。

にしても。

福島千里は頭が弱くて天然なのか気が強いけどしゃべりかたがおっとりしてるだけなのか分かりませんね。(多分後者)

| コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月14日 (木)

五輪で金メダルを取って巨人の監督就任だっ!

野球日本代表監督・星野仙一がそう思ってんじゃないのかって、ウワサされてますがね。
日テレの「NEWS ZERO」にやたら出演してるし、星野の性格からして巨人の監督にはなりたいだろうし、そういう魂胆だろうとウワサされるのは全くおかしいことではないですが。
もし金メダルなら巨人監督はありうるんじゃないかな。逆に金メダルじゃなきゃありえないと思うけど。

で、改めて星野JAPANを見てみるとセカンドの専門が井端なしの荒木一人だけとか、分業制が進んでる現在に中継ぎの専門が一人もいないとかは置いといても、このメンバーがベストメンバーってのは野球人気が衰退する理由がわからんではない気がしますが。

先発投手の豪華さはすごいんだけどね。
つーか、ダルビッシュ有松坂大輔と同じ役割を期待するのはあまりに酷すぎると思うけど。どうせ完投させないんだし、川上憲伸の方が気合とか経験とか含めて適任だった気がしますがね。

問題は打線だよなあ。村田修一の風邪がどこまで治ってないのか知らないけど、最近の調子を考えたら誰がどう考えたって断然4番でしょ。なぜ調子の落ちてる新井4番にこだわるのか。そりゃシーズンなら理解できるんだけど。

あと、お願いだから、4番がバントとかいうアテネの時の愚行を繰り返さないことを祈ります。

4年前も言ったけど、サブローが4番ならまだしも、どっしりとした4番がバントというのはスモールボールなのではなく、ただパニックになっただけです。

・・・・・・・・・・・・・

今日はキューバ戦でしたが、残念でしたね。まあ、点が取れないのは分かりきっていたし、最近のダルビッシュの調子が悪いのも分かっていたわけで、仕方ないとしか言いようがないですよね。采配次第だったとは思うけど。

それはそうと、川崎宗則が怪我をしながら代走を断って3打数3安打ってのは高校野球なら感激で涙するんだけど(そんなこといってるから高校野球で選手が数多く潰れたり、悲劇を生み続けているわけですが!)プロとしてはどうなのよ。これで怪我が酷くなってて後の試合に出れないとかなってたらあきれてモノが言えませんが。

どうも、なぜかオリンピックになるとプロが高校野球になっちゃうんだよなあ。高校野球は、あくまで技術が未熟だから高校野球をやってるわけで、そりゃ感動的だけど、プロが真似したっていいことないんだけどね。

ちなみに、今回のチームの中で青木宣親は間違いなくメジャーリーグに一番近いので大注目ですよ。 超一流です。打順が2番の意味不明。

金メダルとって巨人の監督になれるといいですねー

さて、明日も楽しそうだな。

個人的には体操個人総合の冨田洋之内村航平に注目してますが、大変なことになってる柔道男子の鈴木桂治も出るし、福原愛も登場だし。

あっ、あと今大会一番金メダルの確率が高い北島康介の200があるんですね。
100の時は「何も言えない」って言ってたのがなかなか好感度高かったですが。

でも、すぐに前田美順末綱聡子のバドミントンのLIVEを見てしまってましたが。世界ランク1位を破ったあの試合は感動的でしたね。

それにしてもNHK、もうちょっとマイナー(?)スポーツの中継もしておくれ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

北京五輪、開幕。-谷村新司えらい老けたね-

「あっ、日本選手が終わったら次に行っちゃうんだ」
中居正広、日本選手がメダルを取れないと見るや金メダル争いが決着してないのに放送をやめてしまったTBSをチクリと発言。

せっかく五輪なんだから普段見れない競技を楽しもうよ、っていうことでしょうな。
やるじゃん。
ハゲを隠さない髪形といい、確固たる地位を築いた中居君の自負が感じられます。
この自負が「オレなら何をやっても許されるんだ」みたいな変な方向に行かないといいですね。

「外国人でも初戦は緊張したりするようですね。」
フジテレビ長坂哲夫アナウンサー発言。

うん、そうだね。外国人も人間らしいよ。

・・・・・・・・・・・・

谷亮子、負けちゃいましたね。めちゃくちゃ残念。
金とって欲しかったなぁ。最後の一本はホント見事だったけど。
こんなこともあろうかと試合前にブログかいといてよかったというかなんちゅうか。う~む、なんともいえんな。
残念。

体操の冨田洋之も個人総合決勝に進めなそうで。

やっぱ、アテネほどにメダル量産とはいかなさそうですね。
マスコミがメダルメダル騒ぐのは不愉快だけど、選手がいい結果出せればそれは素晴らしいことなんだけどね。まあ、これからですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

〔北京五輪開会記念〕田村亮子(谷亮子)とナンシー関

8日は北京五輪開会だよ、ということでね。
「ママでも金」を果たすであろう谷亮子のお話。

ナンシー関 大ハンコ展」にあわせて書こうと思っていたお話ですが。

ナンシー関ってのは誰かっていうとね、女性のテレビ批評家ですよね。
めちゃくちゃすごいテレビ批評家。
今でも、テレビ批評のコラムを書いてる人はたくさんいるけど、全然足元にも及ばないくらいすごい。
部屋にテレビを6個だか8個だか置いていっぺんに全部のテレビ局見てるらしいんだけどものすごい批評力。やばいね。

かつ、消しゴム版画家。
消しゴムに版画で芸能人の似顔絵書くんだけど、これがまたすごいの。
なんで消しゴムに版画書いてんだよって、そんなツッコミしてる暇もないくらい似てる。
天才。

でも太りすぎて39歳で死んだけどね。

そんな天才・ナンシー関がね、徹底的に批判してたものが二つあるんだよね。

それがね、田村亮子(谷亮子)と「笑っていいとも」。

ナンシー関がね、田村亮子(谷亮子)を徹底的に批判してた理由はね、要するに「田村亮子は、自分を中心に地球が回ってると思ってやがる!」ってことでした。
全てが自分の思い通りになると思って、それを公言している田村亮子(谷亮子)を批判していたわけですね。

いや、嫉妬してたんだな。
ナンシー関は。

ナンシー関は間違いなく超天才だけれども、39歳で太りすぎて死ぬまで独身だった。
めちゃくちゃ太っててメガネかけてて黒の長髪で、いわゆるオタクッぽい感じで、見るからに男が近寄らなさそうな外見だった。

別にね、ナンシー関も大して男なんかに興味がなかったのかもしれない。
でもね。

田村亮子(谷亮子)だけは許せなかったんだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・

名字を変えるっていう行動はね、社会からの排除を意味してるんですよ。
「家」に入って嫁になることと「社会」とが両立できない時代。

結婚して名字を変えるのが普通女性なのは、女性は普通仕事を続けないからです。
続けないというより続けて欲しくないからです。
「女は仕事なんかしなくていい!家を守れ!」そう思ってるからです。

それなのに、田村亮子は叫んだんだな。

「谷でも金!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

谷佳知。
アトランタオリンピック銀メダリスト。アテネオリンピック銅メダリスト。
オリックスの全盛期をイチローとともに支えたスター選手。
最多安打王、盗塁王獲得。ベストナイン5回、オールスター出場6回。

・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、読売巨人軍に所属する谷佳知と結婚してもなお、実は田村亮子は「名字」を変えていなかった。
もちろん、田村亮子は谷亮子になったのだけれども。

「名字」が変わったのは谷佳知の方。
彼は結婚して「谷亮子の夫の谷佳知」になった。

それなのに谷亮子を世間は誰も批判しない。
それが当然かのように。あたかも谷亮子を中心に地球が回っているのだと主張する谷亮子を世間は誰も批判しない。

なぜ?谷亮子は、谷亮子は、「家に入る」ことを拒絶している日本社会への反逆者なのに!
名字が変わったくらいで騙されるんじゃないわよ。
いつもみたいに、批判しなさいよ。
「女は家に入っておとなしくしてろ」って谷亮子にも言いなさいよ。

ナンシー関の怒りはそこにある。

松嶋奈々子と結婚して反町隆史は「松嶋奈々子の夫の反町隆史」になった。
でも、松嶋奈々子はまだ、松嶋という「名字」にしがみついている。
その点で、まだ松嶋奈々子は日本社会に反抗的である。

名字が変わって家に入ったのに、仕事を続けている。
それも超一流の第一線を。
それが谷亮子が日本の女性で唯一成し遂げた偉業。

それでも、谷亮子は満足しない。

「ママでも金!」

あろうことか。谷亮子は子供まで産んだ。
「野球選手と結婚し子供を産み幸せな家庭を作り、自分の仕事も目標達成。」
それがこの日本で当然のことかのように。

だから天才・ナンシー関は天才・谷亮子を嫉妬した。

この日本に女性として生まれながら、全ての幸せを掴もうとする谷亮子を?

否!そんなばかばかしいことじゃない。

日本で女性が仕事を成し遂げるためには日本社会に反抗的である必要がある。
当たり前だけど、日本社会が女性に望んでいるきちんとした家事をする「良き妻であり良き母」は、社会での「仕事」とは両立できないのだから。

それなのに、谷亮子は日本社会に従順そうな顔をして名字を変えて家に入ったふりをして仕事を続けている。
そんな日本社会にとっての「良い子」を演じきれる谷亮子の天才的な演技力にナンシー関は嫉妬したのだ。

2008年8月9日20時過ぎ、柔道女子48kg級で谷亮子はママとしてオリンピックの金メダルを獲得する。
それがあたかも当然のことのように。

そして谷亮子は「日本的な良い妻であり賢い母であること」と「キャリアウーマン」とが両立するという国家的な大嘘を宣伝することになる。

だからナンシー関は天国でこう言うに違いないのだ。

「谷亮子よ、わたしは本当は家のことなんか何もしてないし夫のことなんか放ったらかしなんです、とテレビの前で言いなさい。わたしはキャリアウーマンであって皆さんが期待するような良妻賢母ではないのよ。キャリアウーマンが良妻賢母でありえるはずがないでしょ!、と言うべきなのよ」、と。

| トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

これでいいのだ

そう。

これでいいのだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年9月 »