« アキハバラ発 〈00年代〉への問い | トップページ | ロースクール生が、出張教室。 法教育への扉を叩く9つの授業 »

2008年10月26日 (日)

2008年10月期ドラマ

なんか、やたらドラマ見てます。

昨日はNHKのジャッジⅡ島の裁判官 奮闘記 まで見ちゃいました。
いやあ、何十年前に作ったドラマなんですかね。

それにしてもコメディタッチが多い印象。
世相の暗さを反映してるかな。

流星の絆までコメディだし。
さすがクドカンつう感じではありますが。

二宮和也に悲哀のこもった青年やらせたら、完璧だね。
二宮はおっさんになったとき、どうなんのかなっていう疑問はあるけど。

流星の絆は、今年上半期で一番売れた本らしいけど
やっぱ、本のオビが良かったんじゃねえかっていう。

「惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹」
「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
「14年後、彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった」

それはそうと、フジテレビの土曜ドラマはおもろいですな。

Room of King

いかにも脚本が大宮エリー、というコメディにスタイリッシュさが加わって、たまらん。

あっ、あとキマグレンの「愛NEED」がすごい合っててファッション性が高まってます。


« アキハバラ発 〈00年代〉への問い | トップページ | ロースクール生が、出張教室。 法教育への扉を叩く9つの授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4026/24765227

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年10月期ドラマ:

« アキハバラ発 〈00年代〉への問い | トップページ | ロースクール生が、出張教室。 法教育への扉を叩く9つの授業 »