« 東日本大震災に関する法律問題について | トップページ | へルタースケルター 90点 »

2011年5月 3日 (火)

ビンラディン暗殺

ビンラディン、息子ら3人含めて暗殺だそうですが。

どういう正統性があるのでしょうか?
正統性があるなら、なぜ身柄拘束して裁判にかけないの?

テロを主導した「とされる」ビンラディンですが、裁判にでもかけて本当のことがばれちゃうと困るから一家皆殺しにしたんじゃないかと疑わずにはいられないです。
オバマも不人気だからなあ。

そもそもパキスタンの主権侵害じゃないでしょうか。

ダライラマが来日して市ヶ谷駐屯地にいたとしますよね。突然中国軍が日本に入ってきて市ヶ谷に爆弾落としてダライラマ殺したのと何も変わらないわけですが。
そんなことがあったら、まっとうな民族主義者なら中国と戦争しろっていうんじゃないでしょうか。

自由主義対イスラム原理主義。
宗教戦争における普遍的価値概念の限界なのかもしれませんがね。

何にせよビンラディン暗殺で大喜びしてるアメリカ人の平和ボケには笑えます。


« 東日本大震災に関する法律問題について | トップページ | へルタースケルター 90点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4026/39840807

この記事へのトラックバック一覧です: ビンラディン暗殺:

« 東日本大震災に関する法律問題について | トップページ | へルタースケルター 90点 »