スポーツ

2010年7月24日 (土)

ブレット・ハーパー、凄いんですけど。

ブレット・ハーパー

横浜ベイスターズの新外国人ですが。
いやあ、いい選手獲りましたね。
かなりの数字を残すこと、間違いないです。

パワーが凄いだけじゃなく、変化球に対応するテクニックもあるし、選球眼もまあまあ良い。野球に対する態度が真摯そう。日本の野球にも対応していきそうです。

チームで一人頑張ってるのが途中でいやになって爆発、とかがないと良いんですけどね。
外国人はストレスたまってキレちゃう、って言うのがあるんで、それだけが心配ですが。

オールスター後、各チームが研究してくるので、そこが一度目のポイントですが、あんまり関係ない気がしますね。今の打率からはいくらなんでも下がるとはいえ、かなり打つんじゃないでしょうか。

特に来年が楽しみです。

仁志敏久の独立リーグ時代のチームメイトだったらしいですが。
仁志によると、独立リーグには、こういう選手がまだまだいるらしい。
もっと日本に連れてきなさいよ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

スタンリッジ先発で鶴直人が敗戦処理

真弓采配、意味不明。

去年よりは方向性が固まった分マシになったと思うんですがね~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

藤川俊介

ドラフト3位以上じゃないとプロには行かないと言っていた藤川君。
ドラフト5位だったので契約しないとかなんとか言ってましたが、今や阪神にとっていなくてはならんという感じですね。

やっぱ守備力あるしね。広い甲子園で守備力あるのはでかいです。足もあるし。

ヒットもちらほら打ちだしてきたんで良い感じです。
2割8分近く打てればバントできるしスタメンでぜんぜん良い気がしますが。

まあ、真弓の「打って打って打ちまくれ」からすれば、平野と藤川と二人はいるのは難しいのかな。さすがに平野がいつまでも3割5分打てるわけじゃないだろうし。

| コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川昌幸+喜田剛=迎祐一郎?

どう見ても広島大損のトレードですが。

何なんでしょう、このトレードは。
どう考えても合理性ないですが。

広島は金に困ってるってことですかねー。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

もうすぐサッカーワールドカップ

ワールドカップ予備登録選手に、MF小笠原満男(鹿島)、DF槙野智章(広島)、DF徳永悠平(FC東京)、MF石川直宏(FC東京)、FW前田遼一(磐田)、FW田中達也(浦和)、MF香川真司(C大阪)。

予備選手に魅力的な選手が多いように感じるのは、素人判断ですか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

谷亮子、議員でもメダル

谷亮子、参院選出馬。

ナベツネさんが「俺に挨拶がない!」と怒っているらしいですが。

きっと、ナンシー関も「それ見たことか」って言ってると思います。
http://entertainment-tigers.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_8ec0.html

なんでも手に入れようとしてるのが凄いわな。

それはそうとスポーツ選手が出馬しまくってますね。

石井浩朗はダメだろ、って心の底から思うけど。
杉村太蔵よりもダメなんじゃないか。

堀内恒夫なんかは山梨では絶大的人気だから絶対当選するでしょうね。
甲府商業のエースだし。
下手すりゃ堀内光雄よりよっぽど得票するんじゃないですかね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

広島東洋カープ・前田健太

間違いなく次世代のエース。

投球だけでなくフィールディングなども含めてすばらしい。

主にストレート、スライダー、カーブと投げているようですが。フォークとかあったらもっと三振取れそうなんですがね。
やっぱ、肝心なところでホームラン打たれるのをどうにかしたいですね。性格が勝気すぎるんですかね。(去年は22被本塁打)

現状では高校の先輩の桑田真澄のような印象なのですが、もっともっと良くなると思いますね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

僕にはヒットにできる球だったんで。

イチロー、とんでもないくそボールを振ったら偶然バットにボールが当たり、偶然レフトとサードの間に落ちるポテンヒットになって発言。

高めのボールは打つとポテンヒットになりやすいわけですが。

狙って打てるわけがないですね。

みんなでチヤホヤすると、仕舞いにはいい加減なことを言い出すという良い例。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

城島健司の凄さ

リードは単調。矢野輝大の方がどう考えても上だ。

右打者には外角一辺倒。
左打者には内角変化球で揺さぶったあとの外角勝負。
打者のタイミングが合ってないときはとにかく同じ球を続ける。

見ているといくらでも予想できるほどの単調さ。

打撃は谷繁元信といった感じ。
ここぞ、という時は打つけれど、他のときはパッとしない。

それでも城島が凄いのは圧倒的な存在感だと思う。

シーズン前の段階で、金本派と城島派で分かれた結果、新井以外は全員城島派になった、なんていわれたくらいのカリスマ性は圧倒的。

西村憲なんかは城島のことを信頼しきって投げているよう。
初勝利のときのお立ち台が印象的だが、城島のおかげで西村が見事な中継ぎに育ったように思う。

画面を通してさえ感じる「俺に任せて、ドンと投げて来い」的な雰囲気は若手投手は安心できるだろうな、と心から思います。

下柳剛は投げにくそうだけどね。

(あっ、もちろんキャッチングは一流ですよ。言うまでもないけど)

| コメント (4) | トラックバック (1)

2010年4月26日 (月)

魔将

ガイエル。

youtubeに画像がたくさんあって面白いです。
結構普通なことが多いけどね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧