経済・政治・国際

2011年5月 3日 (火)

ビンラディン暗殺

ビンラディン、息子ら3人含めて暗殺だそうですが。

どういう正統性があるのでしょうか?
正統性があるなら、なぜ身柄拘束して裁判にかけないの?

テロを主導した「とされる」ビンラディンですが、裁判にでもかけて本当のことがばれちゃうと困るから一家皆殺しにしたんじゃないかと疑わずにはいられないです。
オバマも不人気だからなあ。

そもそもパキスタンの主権侵害じゃないでしょうか。

ダライラマが来日して市ヶ谷駐屯地にいたとしますよね。突然中国軍が日本に入ってきて市ヶ谷に爆弾落としてダライラマ殺したのと何も変わらないわけですが。
そんなことがあったら、まっとうな民族主義者なら中国と戦争しろっていうんじゃないでしょうか。

自由主義対イスラム原理主義。
宗教戦争における普遍的価値概念の限界なのかもしれませんがね。

何にせよビンラディン暗殺で大喜びしてるアメリカ人の平和ボケには笑えます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

消費税を上げないと日本は財政破綻するって本当ですか?

最近のマスコミの風潮は、消費税を上げないといつか日本は大変なことになるってことくらいバカでも分かる、というものだ。

実際、こう思ってる人は多いらしく世論調査なんかやると、かなりの人数がそう答えるらしい。特に男性の方が傾向が顕著らしい。

なのに、具体的な数字を挙げて、論理的に、池上彰さんのように、
①今のままでは日本は財政破綻すること
②財政破綻を防ぐためには消費税が必要なこと
を説明してくれる人は誰もいない。

みんな、消費税を上げないとそのうちダメになるっていうのは当然だ、というだけだ。分からん奴はバカだよな、ってことらしい。

でも、そんなもん分かるわけないじゃん、と思う。

税政策は非常に複雑だ。
世界で上位10番に頭がいい人を連れてきて議論させても、どうするればいいかなんて決まらないと思う。
議論しても結論が出ないことを神学論争というならば、消費税を上げたらいいか、なんていうのは明らかに神学論争だろうと思う。

消費税をあげようという人の大部分は法人税を下げるべきだと思っているらしい。
経済を活性化させようというのが理由だが、
それって、要するに
こんなに稼いだのに、稼いだだけ税金にもってかれたんじゃたまらない
という人間として当然の心理が働いているだけである。

そんなの個人事業主やサラリーマンだって同じじゃないか、と思うのだが、法人税を下げようという人の論理としては、企業と個人では企業の方が与える影響が大きいじゃんということらしい。
企業に気持ちよく稼いでもらった方が日本全体の利益になる、ということらしいのだが、本当だろうか。

法人税を下げたら、外国から企業が誘致できるなんていう議論を持ち出す人もいるが、いくらなんでもこれはさすがに本筋とは全く関係ない話だろうと思う。
そもそも具体的にどの企業を誘致できる見込みがあるのか教えて欲しいし、わけのわからんベンチャーを外国から集めるなんてことになったら、目も当てられない。
それでなくても狭い東京に企業が集中してるのに、どこの馬の骨か分からない外国企業まで東京にきたら、それは活性化じゃなく混沌化だと思う。
地方都市の経済を活性化させることのほうが外国企業に頼るよりよっぽど現実的だし、重要ではないだろうか。

政権交代のころは、無駄をなくして財政を豊かにしましょう、という話だった。
無駄をなくしてないうちから、消費税を上げないとなんともならん、みたいな雰囲気になったのはなぜなんだろうか。
ギリシャが破綻したから?でも、ギリシャと日本って経済基盤が違いすぎない?

どうも何かが胡散臭い。
誰もまともに説明できないのに。
みんな知ったかぶりだ。

①今のままでは日本は財政破綻すること②財政破綻を防ぐためには消費税が必要なこと
の論理のうち少なくとも②は僕には信じられない。(①も信じられないが)

たとえば、消費税を上げるのと社会保障の度合いを下げるのと、どっちがいいか?という提案は当然されてしかるべきだと思う。
今のままでは、どれくらい消費税を上げたら、どれだけの社会保障があるかということがぜんぜん分からない。
消費税を上げることの対価が何なのかも分からない状況で、自分の不利益になることに賛同するのはお人よしというよりただ思考停止になっているだけだと思う。

極端に言えば、社会保障をアメリカ並みまで落とせば、財政破綻なんてありえないんじゃないのか。
そんなに日本の財政がダメなら、社会保障を少なくしようという議論があったって、いいはずだ。
社会保障がどれくらいのものなのか、しっかり国民に示して、消費税とどっちがお得なのか、考えさせて欲しい。

それと、企業は国家が介入しなければ発展できるのか、それとも国家が一定の保護をするべきなのか。いや、これは完全な神学論争だな。結局、この点については、オレは竹中平蔵だぞー、絶対正しいんだぞー、とかいわずに、左見右見しながらちょいちょい対応する方が現実的なのかもしれない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

たちあがれ日本

立ち上がれって言われてもなー。

別に、倒れてないし。

って感じだ。

今んところ、普通に立ってますけど。

この政党の人たちはよっぽど今の日本のことをダメだと思ってんですねー。

自虐的な政党ですね。

で、杉村太蔵を擁立するらしい。

杉村太蔵に立ち上がれ、って言われるのか。

みんなで杉村太蔵を目指すのか。

太蔵よりはよっぽど今の方が良い気がしますがね。

どういうコンセプトなんでしょう、この党は。

いっそのこと、堀内恒夫を党首にして、政党名を「オレは悪太郎」にしてほしいです。

(「オレは悪太郎」ベースボールマガジン社より好評発売中)

なのに、よりによって、中畑清って・・・。ありえん。

| コメント (0) | トラックバック (0)

谷亮子、議員でもメダル

谷亮子、参院選出馬。

ナベツネさんが「俺に挨拶がない!」と怒っているらしいですが。

きっと、ナンシー関も「それ見たことか」って言ってると思います。
http://entertainment-tigers.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_8ec0.html

なんでも手に入れようとしてるのが凄いわな。

それはそうとスポーツ選手が出馬しまくってますね。

石井浩朗はダメだろ、って心の底から思うけど。
杉村太蔵よりもダメなんじゃないか。

堀内恒夫なんかは山梨では絶大的人気だから絶対当選するでしょうね。
甲府商業のエースだし。
下手すりゃ堀内光雄よりよっぽど得票するんじゃないですかね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

泥舟

舛添要一はどうしちゃったんですかね。

10年ちょっと待ってれば総理大臣になれる可能性高いのに、わざわざ泥舟作って船長になっちゃうなんてねー。

改革クラブはありえませんな。
みんなの党の一人勝ちなんですかね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

絶対に負けない

福田康夫内閣総理大臣辞任。

自民党は絶対に下野しないのだという信念。
いや、信念というよりは強迫観念か。

それを感じているのが自民党自体なのかあるいはそれを取り巻く何かなのか。

内閣総理大臣を決めるのも辞めさせるのも国民ではない何かであるという悪夢。
この国を動かしているのはいったい何なのか。

9月1日。日本経済新聞の支持率が9ポイント下がり、民主党の小沢一郎が三選出馬を表明し、アメリカで「池田大作博士の日」も制定されたらしい日。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

G・G佐藤よ、下を向くな!〔北京五輪閉幕へ〕

うーつーむくなよ、振ーり向くなよー、と言いたいですね。
G・G佐藤の顔みて、君は美しい、とはちょっと言えねえけどなぁ~。

星野JAPAN、メダル的には残念でしたが、
キューバ戦以降の仙一の采配は、プロセスとしてかなりグッドなものだったと思うのでここで擁護しておきます。

村田やG・G佐藤を使い続けたのも、ダルビッシュを準決勝で使わなかったのも、全くおかしいことじゃなかったと思いますね。

外野手が4人しか選べない中で、G・G佐藤は打撃面を考えて選んで当然の選手だったはずです。守備がまずいのは分かりきっていたことで仕方なかったはずです。
村田修一にしてもそう。今の日本プロ野球の中で村田よりも良いパワーヒッターはまずいないでしょう。

機動力中心の選手ばっかで打線を構成すれば勝てた、なんていう人がいるけど、「バカも休み休み言え」と言いたいですね。
日本人のように圧倒的なパワーがない状態で、近代野球は投手優位の時代です。スコアラーが投手を緻密に分析して、それでやっと打てるんです。
国際試合で初めて見る投手を誰だってそう簡単に打てるもんじゃない。
どうしたって、事前準備をそれほどせずに、同じようなレベルのチーム同士で戦えば点なんか取れっこないんです。
その中で数少ない長打力は絶対的に必要なんです。

全員1番か2番打者みたいな打線にしたって、打てなきゃ点が取れるわけがない。
もし点が取れなかったら、それこそ恥ずかしい。
サッカーで10人全員DF(+GK)で自陣のゴール前に90分間居続けてるようなもんです。
なにやってんだ、って話です。
そんなん野球の魅力がなくなっちまうよ。

ダルビッシュ有を準決勝で使わなかったのも当然です。
マスコミはダルビッシュを大黒柱とかいってるけど、和田杉内成瀬と比べて特別良い投手と言うわけではないですよ。みんな同格です。
そりゃ、新聞でダルビッシュの成績を数字としてだけ見てる人は一人ずば抜けた大投手だと思っちゃうのかもしんないけど。

少なくとも、直近の日本代表のエースである松坂大輔上原浩治(最盛期〕と比べてそれと同レベルの投手になっているわけではないのは明らかでしょう。
そりゃ、2,3年たてばそこまで成長するかもしんないけど、今はそんな状況じゃあない。
星野仙一だって、それが分かってたから大事な大事な準決勝のマウンドを不調のダルビッシュには任せられなかった。
問題は、勝手にダルビッシュを大投手みたいに仕立て上げたマスコミです。それで、ダルビッシュを使わなかったのが問題みたいにいわれても、意味が分からん。
杉内和田で何が悪い。杉内和田がどんだけ良い投手だか分かってんのか。

結局、今回の敗因は、非常に残念なことですが、日本の国内リーグであるプロ野球のレベルが落ちてしまった、それに尽きると思います。
もうWBCで優勝するより前からレベルは下がってたんだけど、不幸にもWBCで優勝してしまったせいで、議論にならなかった。
地上波のテレビ中継はなくなり、子供が野球をやらなくなり、これからどんどんレベルは下がっていきますよ。

プロ野球がなければ生きていけない僕にとって耐え難い現実です。
現実を直視して、なんとかしなくちゃ。
「スモールボール」とかいう、くだらん小手先のその場逃れはやめなくちゃ。
「スモールボール」って、要するにレッドソックスのパクリでしょう。
日本のプロ野球にはプロ野球なりのよさがあるはずです。変なもんに収斂しないで欲しい。

WBCやらオリンピックなんてどうでもいいよ。ナショナリズムにしか興味のないバカは放っとけばいい。幸運なことに日本の野球にはこんなに素晴らしい国内リーグがあるんだから、まずは国内リーグです。

さて、話は変わりますが、野球の審判はヒドかったですね。特に、決勝戦で韓国のキャッチャーが退場になったのは、なんのこっちゃ、と言う感じでしたが。

オリンピックで絶対見なきゃ、と思ってたものに男子サッカーのブラジル対アルゼンチン戦があったわけですが。

途中まではホント面白かったんだけど、審判がとんでもなく強権を発動するので途中から残念なことになってしまってました。

いくらなんでも強権すぎるだろ。

JOCのジャック・ロゲ会長が「メジャーリーグの選手が出ない限り野球の五輪復活はない」と言ったらしいですね。
要するに今後一切ありえない、と言うことか。
野球はいくらでも目指すものがあるからどうでもいいけど、ソフトボールは絶対復活させてあげて欲しいですね。
どうにかならんもんかね。

男子バスケットボールのアメリカチームを見て思う。
こんな豪華なメンバーが野球でも集まったら、絶対に野球復活なのになぁ。
野球のメジャーリーグ出身者だけドーピング検査なしにしてくれればいい。笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オバマがバイデンを副大統領候補に選んだことにちょっと残念。
バイデンって確かイラク侵攻に賛成していた気がするけど。

ロシアとグルジアの武力衝突の背景には石油パイプラインが。

オリンピックが閉幕へ向けて、混迷した国際社会の情勢がまた目前に現れるわけだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

安倍さん、やめないでね(はあと)

いやあ、参院選終わりましたね。

この前の郵政選挙のときは選挙結果見たとき、自民が3分の2を占めて法律作り放題とかいうバランス感覚のない結果に一瞬中国かなんかの投票結果かとおもいましたが、今回もアナウンス効果は働かなかったみたいですね。

あんだけ自民惨敗って事前に言われたら、もっと自民に票が流れるかと思ったけど。
そういう意味では、ちょっと日本の選挙は怖くなってる観がありますが。もっとバランスとってもいいはずなのに。郵政選挙の時も自民圧勝って伝えられてたら、本番は予想以上に圧勝だったし。かなり心配。

勝ち馬に乗るみたいな雰囲気が蔓延してるとするならさらに微妙な気分。

ただ、個人的な感想をいえば、自民支持者の人には申し訳ないけど、これが衆院選だったら良かったのにー、の一言です。

安倍さん、自分が総理の器じゃないことも気がつかず続投宣言だそうで。まあ、これでしばらく死に体内閣が続くわけで、強行採決は事実上無理になるだろうから、続投してくれた方がいいです。なんてったって、衆院では実質自民党全権委任体制が続くわけですからね。麻生なんかが総理になったらまた風向き変わっちゃうだろうし(まあ、どうせすぐ失言して大変なことになると思うけど。)野党と良く話し合ってから法律お作りあそばせ。

安倍のまんま、早いうちに総選挙とかになればいいのになー。惜しいです。

ちなみに、選挙前にやった政党相性診断(http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/07saninsen/votematch/)で、相性良いよと教えてもらって新党日本も1議席とったらしい。良かったね、ヤッシー。僕は投票してないけど。

僕の相性診断は新党日本がなぜか60パーセントもあって、一番相性が良くない自民党と比べてかなり差がありました。

ぜんぜん新党日本が何やりたいのか知らなくてちょっと心配だったんだけど、評論家の宮崎哲弥の相性は新党日本が一番悪いということを宮崎哲弥のコラムで読んで、それなら良かったと安心しました。論理性の全くない宮崎さんと正反対ならまだまだ安心です。

にしても、青木幹雄が早い時点で安倍続投を支持しててタヌキめ、と思ったわな。
まあ、経世に総裁候補がいない以上、清和に恩売っといたほうが得だわな。

自民党のドロドロ劇は相変わらず面白いですね。
自民党はこうでなくっちゃ。
これから、どう動くのか楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

憲法記念日に寄せて

NHK「施行60年 いま憲法を問う」より

「立憲主義とは国民が議会や内閣を制限して自分達を守ろうとする道具なんです。憲法なんてそういう道具に過ぎないのにそれ以上のことをしようとしている。政府が自分で自分のやってはならないことを決めるのはそれこそ矛盾です。一時の政府の考えを書こうなんていう憲法のことを何も分かってない安倍さんの下で憲法の議論なんてできません。」
            (枝野幸男・民主党憲法調査会長)

「私も立憲主義の考え方について全くそのとおりだと思います。」
          (舛添要一・自由民主党憲法審議会長代理)

           ※正確に再現しているわけではありません。

どうでもいいけど、NHKの討論中、いちいち公明党の人と共産党の人がケンカしてるのが面白かったです。相変わらず、仲が悪いですね~。                 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月31日 (土)

私が当選したら奴らはビビる。・・・私もビビる。BY外山恒一@都知事選

今日は、友達が全然知らないというので、FUJIWARAの「なるほどなるほどなるほどな」の動画を探してたんですけど。
なんか、都知事選に出ている外山恒一さんの政見放送に行き着いてしまいました。

YOUTUBEにいけばいくらでも見れるので、まあ見てみて欲しいですが。パフォーマンスが確信犯だと信じたいですね。ウィキペディアの経歴を見る限りかなりまずそうな感じもしますが。

つーか、政見放送の候補者紹介が「いまどき、政治犯として2年投獄され」で始まるのでフェイクじゃないかと思いましたね。「いまどき」って、あなた。ちなみに、ウィキペディアによれば全然政治犯じゃないみたいですが。
しかも、外山さんが「少数派の諸君!これを機会に政府転覆のおそろしぃ~陰謀を、共に進めていこうではないか!」と呼びかける時に、画面が外山さんの顔のドアップになるんですが。NHKも遊んでるんじゃないのかと疑いたいですね。政見放送って、本人の希望でカメラワークまで要望出せるのかしら?

最初の30秒くらい何もしゃべんないし、どこから声だしてんのかわかんないし、突然ぶっちゃけちゃうし、最後に中指立てた上に首コキコキやっちゃうし、突っ込みどころ満載です。

ただ、内容の核心は面白いこと言ってる気がしますね。右翼が加藤紘一の実家に放火した事件が議論されてる時に必ず出てくるのが「右翼にも発言の機会を!」で「発言させないんなら最後は行動に移すのやむなし」につながりうるわけですけど。外山さんも「(現状の)選挙なんか多数派のお祭りなんだから意味ないんだ」で「ぶっちゃけ政府転覆しかないんだ」ですよね。

くだらない奴の思想は政治過程にのっかってんのに、なんで俺達の思想は政治過程にのっからないんだよ、って言う叫び。
いろいろある価値観を集約して一つの価値観にまとめて強制しちゃおうとしてる今の時代への反抗ですわな。あっ、そうそう、外山さんはまだ反抗期らしいですよ、念のため。

右翼も左翼もいたっていいじゃない。行動に移されたら困るけど。政府転覆されたら困るけど。外山さんのこの演説、明らかに笑いの種ではあるけど、完全に嘲笑の対象になっちゃうのは何かが違うと思うけどね。だって、40年前だったら、絶対嘲笑の対象ではなかったはずなのに。何かがおかしいと思う。

そうそう、沖縄戦で日本軍が集団自決を強制したかもしれないって高校生に教えたらダメらしいですよ。そういう「思想」は簡単に政治過程にのっかって、それどころか正しいものとして浸透していくのにね。

| コメント (5) | トラックバック (0)