芸能・アイドル

2012年7月15日 (日)

へルタースケルター 90点

蜷川実花は鬼です。馬顔じゃない。鬼顔だ。
自分の映画のために沢尻エリカを食い物にしやがった。

そりゃあ、こんだけ自分とシンクロする演技させられたら頭おかしくなるだろうよ。
センスの悪いひまわり柄のキャミ着たくなるだろうよ。

最初は浜崎あゆみにオファーしたっつうから蜷川実花の悪意は本物ですね。
渋谷に場面設定しちゃったりして本当は浜崎あゆみで撮りたかったんだろうけど。
そりゃ断るだろうよ。

テーマ曲が浜崎あゆみなのは凄いっつうか何つうか。
蜷川実花の意図はよく伝わったけどね。

それにしても、エーベックスは本当のアホなのか。それとも浜崎あゆみは終わったと思っているのか。
エーベックスがアホすぎて蜷川実花の悪意に気付かなかったんだとすると、いくらなんでも浜崎あゆみがかわいそう。
まあ、所属事務所に終わったと思われてても十分かわいそうですが。いわゆる一つの用済みって奴か。

岡崎京子の漫画を十分消化してる映画だと思います。
蜷川実花も沢尻エリカも漫画の意味を完璧に理解して映画を作ってる。
テーマが「欲望」っていうのは言葉のチョイスにやや違和感を感じますが。
欲望っつかそれが人間そのものなんでしょうよ。

沢尻エリカは頭の良い誠実な子なんじゃないかと思います。
そうでなきゃこんなに真正面から役にぶつかれないでしょう。
もったいない。

へルタースケルターは「神様はなぜ最初に若さと美しさを与えて、それを奪っていくのかしら」とかなんとかって言葉に全てが詰め込まれているわけで。
蜷川実花が意外にうぶな答えを与えてくれてます。
答えっていうか慰め?

まあ、蜷川実花が映画監督としての才能を見せたのは間違いないと思います。
お見事。
蜷川実花は沢尻エリカに足を向けて寝られないね。

何度も言うけど、沢尻エリカ。
こんなに演技力と存在感があっても自ら潰れてゆくのか。
もったいない。
心の底からもったいない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

沢尻エリカが離婚らしいですが

「沢尻エリカに翻弄された高城剛」みたいな図式になってるみたいなんだけど、どうなんでしょう。

どっちかっつうと、高城さんが沢尻エリカを金づるにしてたイメージなんですが。

沢尻エリカは女優としてはかなり見事なもんだと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

悲しみで花が咲くものか!

レコード大賞を見ていたら、森山直太郎の「生きてることが辛いなら」が作詞賞を取っていました。
作詞をした御徒町凧が会場に来てたけど、御徒町は「意味なんて大してないんだけど。」みたいな表情をしていたと僕は思うんだが、違いますかね。

意味なんてないのに勝手に周りが騒いで解釈してくれるって話は、海藤尊の「チームバチスタの栄光」でも書かれていましたが、ありがちな話ですね。

2008年は周りに勝手にイメージを作られてきた清原、桑田、野茂も引退した年ですな。

清原と桑田の人間ドラマはこんなところでは書き尽くせないけど、
野茂が「(引退は)悔いが残る」と言っていたのが心に突き刺さります。

というか、2008年の芸能を振り返ろうとすると、『金髪豚野郎』しか思い出さないのがとても残念です。
広末涼子が離婚したのも今年らしい。そんなの知らんがな。
デンジャラスの「のっち」がアメリカの大統領になったのも今年らしい。それは知ってます。
Perfumeの「のっち」がホットパンツを履き出したのも今年らしい。それは違うだろっ!!(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!

なぜ怒る。

なぜ怒るのだ。

なぜっ!

なぜっ!

うるさいっ。

Perfumeは紅白歌合戦で「チョコレート・ディスコ」を歌って欲しかったです。
僕は「チョコレート・ディスコ」が好きです。

あっ、そうですか。

はいはい。

良かったね~。

ということで、未曾有YOUの危機を迎えた2008年も終わりですよ、麻生先輩。

未曾有YOUの危機だけど、そんなときこそ「これでいいのだ!!」と叫ぶべきだと赤塚不二夫に教わりました。

タモリがアドリブで赤塚不二夫の弔辞を読んだのを見て、タモリが笑いを取る意欲のないヘラヘラしてるだけのオッサンじゃない、ってことが顕わになったと思いましたね。

本当の「現実」に直面してる人間だけがヘラヘラできるのでしょうよ。ヘラヘラせざるを得ないのでしょうよ。

周りに、分かってるふうに終始真剣な顔して講釈たれる奴がいたら、そんな奴のことは信用しないほうがいいと思う。そんな奴は何も考えていなくて、自分が何も考えてないってことにすら気がつかずに生きてるんだろうね。

「現実」は真面目に直面したら耐えられない、ってことにすら気がつかないほどなら、それはそれで幸せだろうけど。

そういえば、「悲しい言葉では何も変わらないんだぜ」って、サンボマスターの山口隆が『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』で歌ってた気がするね。

だからさ、「生きてることが辛いなら、いっそ小さく死ねばいい」って歌詞に深い意味なんてないのよ。インパクトあって面白いから書いてるだけだって。

と「朝まで生つるべ」を見ながら勝手に解釈して騒いでみる。

つるべのちんちん、まだか。

| コメント (1) | トラックバック (1)

2008年8月 6日 (水)

〔北京五輪開会記念〕田村亮子(谷亮子)とナンシー関

8日は北京五輪開会だよ、ということでね。
「ママでも金」を果たすであろう谷亮子のお話。

ナンシー関 大ハンコ展」にあわせて書こうと思っていたお話ですが。

ナンシー関ってのは誰かっていうとね、女性のテレビ批評家ですよね。
めちゃくちゃすごいテレビ批評家。
今でも、テレビ批評のコラムを書いてる人はたくさんいるけど、全然足元にも及ばないくらいすごい。
部屋にテレビを6個だか8個だか置いていっぺんに全部のテレビ局見てるらしいんだけどものすごい批評力。やばいね。

かつ、消しゴム版画家。
消しゴムに版画で芸能人の似顔絵書くんだけど、これがまたすごいの。
なんで消しゴムに版画書いてんだよって、そんなツッコミしてる暇もないくらい似てる。
天才。

でも太りすぎて39歳で死んだけどね。

そんな天才・ナンシー関がね、徹底的に批判してたものが二つあるんだよね。

それがね、田村亮子(谷亮子)と「笑っていいとも」。

ナンシー関がね、田村亮子(谷亮子)を徹底的に批判してた理由はね、要するに「田村亮子は、自分を中心に地球が回ってると思ってやがる!」ってことでした。
全てが自分の思い通りになると思って、それを公言している田村亮子(谷亮子)を批判していたわけですね。

いや、嫉妬してたんだな。
ナンシー関は。

ナンシー関は間違いなく超天才だけれども、39歳で太りすぎて死ぬまで独身だった。
めちゃくちゃ太っててメガネかけてて黒の長髪で、いわゆるオタクッぽい感じで、見るからに男が近寄らなさそうな外見だった。

別にね、ナンシー関も大して男なんかに興味がなかったのかもしれない。
でもね。

田村亮子(谷亮子)だけは許せなかったんだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・

名字を変えるっていう行動はね、社会からの排除を意味してるんですよ。
「家」に入って嫁になることと「社会」とが両立できない時代。

結婚して名字を変えるのが普通女性なのは、女性は普通仕事を続けないからです。
続けないというより続けて欲しくないからです。
「女は仕事なんかしなくていい!家を守れ!」そう思ってるからです。

それなのに、田村亮子は叫んだんだな。

「谷でも金!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

谷佳知。
アトランタオリンピック銀メダリスト。アテネオリンピック銅メダリスト。
オリックスの全盛期をイチローとともに支えたスター選手。
最多安打王、盗塁王獲得。ベストナイン5回、オールスター出場6回。

・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、読売巨人軍に所属する谷佳知と結婚してもなお、実は田村亮子は「名字」を変えていなかった。
もちろん、田村亮子は谷亮子になったのだけれども。

「名字」が変わったのは谷佳知の方。
彼は結婚して「谷亮子の夫の谷佳知」になった。

それなのに谷亮子を世間は誰も批判しない。
それが当然かのように。あたかも谷亮子を中心に地球が回っているのだと主張する谷亮子を世間は誰も批判しない。

なぜ?谷亮子は、谷亮子は、「家に入る」ことを拒絶している日本社会への反逆者なのに!
名字が変わったくらいで騙されるんじゃないわよ。
いつもみたいに、批判しなさいよ。
「女は家に入っておとなしくしてろ」って谷亮子にも言いなさいよ。

ナンシー関の怒りはそこにある。

松嶋奈々子と結婚して反町隆史は「松嶋奈々子の夫の反町隆史」になった。
でも、松嶋奈々子はまだ、松嶋という「名字」にしがみついている。
その点で、まだ松嶋奈々子は日本社会に反抗的である。

名字が変わって家に入ったのに、仕事を続けている。
それも超一流の第一線を。
それが谷亮子が日本の女性で唯一成し遂げた偉業。

それでも、谷亮子は満足しない。

「ママでも金!」

あろうことか。谷亮子は子供まで産んだ。
「野球選手と結婚し子供を産み幸せな家庭を作り、自分の仕事も目標達成。」
それがこの日本で当然のことかのように。

だから天才・ナンシー関は天才・谷亮子を嫉妬した。

この日本に女性として生まれながら、全ての幸せを掴もうとする谷亮子を?

否!そんなばかばかしいことじゃない。

日本で女性が仕事を成し遂げるためには日本社会に反抗的である必要がある。
当たり前だけど、日本社会が女性に望んでいるきちんとした家事をする「良き妻であり良き母」は、社会での「仕事」とは両立できないのだから。

それなのに、谷亮子は日本社会に従順そうな顔をして名字を変えて家に入ったふりをして仕事を続けている。
そんな日本社会にとっての「良い子」を演じきれる谷亮子の天才的な演技力にナンシー関は嫉妬したのだ。

2008年8月9日20時過ぎ、柔道女子48kg級で谷亮子はママとしてオリンピックの金メダルを獲得する。
それがあたかも当然のことのように。

そして谷亮子は「日本的な良い妻であり賢い母であること」と「キャリアウーマン」とが両立するという国家的な大嘘を宣伝することになる。

だからナンシー関は天国でこう言うに違いないのだ。

「谷亮子よ、わたしは本当は家のことなんか何もしてないし夫のことなんか放ったらかしなんです、とテレビの前で言いなさい。わたしはキャリアウーマンであって皆さんが期待するような良妻賢母ではないのよ。キャリアウーマンが良妻賢母でありえるはずがないでしょ!、と言うべきなのよ」、と。

| トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

あ~、でちゃいましたね~。でも23歳ですよ!!BY夏川純

夏川純、3月13日時点では23歳アピールしてたわけですが。
今日になったら26歳になってました。

松坂世代にこんにちは。

9日で3歳ペースだとセミより早く夏を終えてしまいそうでかわいそうですね。

やっぱ、夕刊に28歳って書かれたから、2歳も多く言わないでよ、プンプンってことで公表したんですかね。女心だねぇ~。
なんか、新聞によると昔プロフィールに書いてた80年生まれ(26歳)っていうのも年齢詐称でホントは28歳だってことになってますが。

それはお姉ちゃんだよ、ってことでいいのかな。別に26歳でも28歳でも変わんないと思うけど。でもさすがに23歳に見えるって思ってた人は少ないと思うけど、28歳に見えるって人も少ないと思うから26歳くらいが適正な感じなのかな。適正価格で再登場、お買い求めやすくなりました。

23歳っていってて大人びて見えるねって言われるのと、26歳って言ってて若く見えるね、って言われるのどっちがいいんでしょう。僕的には26歳って言ってて松坂大輔と同じ年ですね、って言われるのが一番話が弾みますが。って、どうでもいいですね、はい。

| コメント (1) | トラックバック (5)

2007年3月21日 (水)

フリーズからプリーズになり、そしてブリーフをはいたわけですBY桜金造@都知事選

桜金造、都知事選出馬会見にて超大真面目な顔で発言。

ブログ、あまりにも放っておきすぎていたので、そろそろ再開です。まあ、最初はキンゾーのオモシロ発言。
やっぱ、ブリーフ履かずに都知事選出馬したのでは、都民に失礼ってことなんでしょうね。

まあ、でもどっちかっていうとドクター中松もブリーフ履いてそうですけどね。
ドクター中松は「やむを得ず出馬」だそうです。無理やりブリーフ履かされたってことでしょうか。辛かったろうに。お気持ちお察しいたします。

羽柴誠三秀吉は出ないのかと思ったら夕張市長選にでるようです。私財200億円を投じてメロンを買ってくれるらしいです。これが秀吉得意のいわゆるメロン狩りでしょうか。

サスケは小沢一郎を放って岩手知事選に。公約はやっぱマスクの透明化なんでしょうね。県民に開かれたマスク。県民に開かれたブリーフよりは良いかもね。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月19日 (日)

春の新ドラマ紹介・2006年4月期

もう4月です。早いなぁ。今年度は1年が8ヶ月くらいしかなかったんじゃないでしょうか。
4月といえば年に二度のテレビ的にはでかい改編期。ということで、4月からの新ドラマはどうかなっ、と。

冬の1月-3月期は、世間的には篠原涼子ブレイクということで「アンフェア」が好評だったようで。個人的には、やっぱ「時効警察」がダントツだったと思いますけどね~。僕もイギリス人を見習って日曜はメガネをかけて過ごそうと思います。

で、春の新ドラマ。

まず、「SMAP×SMAP」の構成作家で森三中・大島美幸の夫である鈴木おさむ氏が大島との恋愛から結婚までを描いた「ブスの瞳に恋してるフジ火曜10時稲垣五郎) 森三中・大島役が森三中・村上なんですが、村上とルームメイトで親友役としてMEGUMI出演。どうみても、森三中・村上とMEGUMIは親友じゃなくて双子。ドラマを見てて区別がつかなくなりそうです

で、「富豪刑事デラックス」(テレ朝金曜9時・深田恭子) 大富豪で政財界のフィクサーの孫娘・深田恭子が庶民には到底理解不能な訳の分からないことをいっているうちに金の力で事件が解決するという謎のドラマのパート2。浮世離れしてる役をさせたら最近フカキョンはピカイチですな。僕は個人的には大好きなドラマなのですが、硬派なお方にはちょっと衝撃が強すぎるかもしれませぬ。お侍様は見ぬように。

テレ朝はもうひとつ、「7人の女弁護士」(テレ朝木曜9時・釈由美子) 7人の女弁護士が女性のためにがんばるとてもまじめなお話。せっかくまじめなところ申し訳ないのですが、釈由美子は昼は弁護士だけど、夜はキャバ嬢とかの役にしてもらえないですかね。ライバルの弁護士は井上和香だし。

日テレは、小林聡美を主演で起用しちゃうくらいなので相変わらずよく分かりませんが。ジャニーズ専用枠かと安心していたら「女王の教室」で嫌がらせをしてきた土曜9時には「ギャルサー」(日テレ土曜9時・藤木直人) 藤木直人がカウボーイ役です。カウボーイとギャル・サークルの交流を描いたお話。カウボーイってあんた。しかも古田新がインディアン役。役名がジェロニモⅢ世。嫌がらせとしか思えません。

もうひとつの日テレ「ANEGO」枠は「プリマダム」(日テレ水曜10時・黒木瞳) バレエをするマダムのお話。中森明菜が出てきます。せっかくなら、友近を登場させていただきたい。「妹の明穂が…」の話を是非。

4月からはまた「渡る世間は鬼ばかり」(TBS木曜9時)が始まるのですが、なにがすごいって、父親役が藤岡琢也から宇津井健に変わるということです。要するに今回の「渡る世間は鬼ばかり」は、自分の父親がまったく別人になったのに、それに気が付くことのない、認知症4姉妹のお話ということでしょうか。せめて、初回の冒頭で、「お父さん、整形手術してきたんだー」くらいのセリフは入れてほしいものですが。でも、いくら整形しても藤岡琢也は宇津井健に変わらないよなぁ~。

他にTBSは「おいしいプロポーズ」(TBS日曜9時・長谷川京子 連ドラ初主演の長谷川京子がレストランのシェフに扮し、レストランを買収した新経営者(小出恵介)と対立しながら恋愛に発展するというありがちなお話。冬ドラマの日曜9時枠は竹之内豊チェ・ジウというコンビで「輪舞曲」をやったのに、あまりにも突飛な話で誰も付いていけなかったので、ありがちな話に戻したようですが。ただ相手役の小出恵介は22歳。22歳で買収しちゃうの?いや、別にいいけど。そんなとこだけ突飛にしてもなぁ。

月9は「トップキャスター」(フジ月曜9時・天海祐希) ニュースキャスター・天海とお天気おねいさん・矢田亜希子の恋と友情の物語らしいです。女に嫌われる女がさとう玉緒だとすれば、男に嫌われる男ランキング最上位に入りそうな押尾学と付き合って一気に好感度を下げた矢田亜希子の起用にフジは「早く決めすぎたー」と嘆いてるんだとか。さすがにもはや制作当初の清純派役では無理なので、酔うと豹変する役に変えたなんて話も出てますが、どうなんでしょう。

さらに、「アテンションプリーズ」(フジ火曜9時・上戸彩) 昔のドラマの再演らしいです。上戸彩が男勝りのキャビンアテンダントになってひっかきまわしちゃうぜというお話。ウエッティはトヨタカップ・オリンピックと散々日テレっ子ぶりをアピールしてたと思ったら、いきなり不意打ちを食らわされました。正直、「エースをねらえ!」「アタック№1」の印象から抜けきってないんですが、大丈夫でしょうか。「あずみ」は今、原作が抜群に面白いところです。関係ないけど

で、マンガ原作から「弁護士のくず」(TBS木曜10時・豊川悦司)「クロサギ」(TBS金曜10時・山下智久)「医龍」(フジ木曜10時・坂口憲二)。どれも個人的に原作が好きなので注目してるとこです。原作の「弁護士のくず」はなぜかビートたけし似の主人公で人間としてもくず(!)であるくず弁護士が人の深層心理をコメディタッチでえぐるお話。法の建前の偽善性を暴きながらもその建前を否定しない弁護士ものではオススメのマンガです。「クロサギ」は詐欺師から詐欺で金を奪い取り詐欺の被害者に金を戻すというお話。詐欺の手口がいろいろ分かって面白いのですが、僕はこのマンガの絵が好きではないのでNewsのメンバーのせいでKAT-TUNに人気を取られそうなヤマピーに期待してます。「医龍」は閉鎖的な大学病院に風穴を開ける天才外科医のお話。大学病院に関しては「白い巨塔」があるだけにドラマとしてはかなりハードルが高そうですが。

最後に水戸黄門枠は「特命!刑事どん亀」(TBS月曜8時・西田敏行) 「探偵!ナイトスクープ」じゃないのか。ストーリーは水戸黄門と同じ。まったく同じ。ただ、由美かおる入浴シーンはなさそう。おじいちゃん、残念でした。

| コメント (0) | トラックバック (4)

2006年3月 4日 (土)

トリノオリンピックからWBCへ(さらに6月にはサッカーワールドカップもあるよの巻)

「ブラックマヨネーズ」の吉田敬は、ちょうど寺島進と斉藤洋一を足して2で割った顔をしていると思う。
はい、おなじみ今日もだいたひかるのネタみたいな感じで始まりましたが。

トリノオリンピックが終わってしまいました。
僕がトリノオリンピックに夢中になっているうちに世間では大事件が起きていたようで。
『時効警察』(テレビ朝日系列・金曜夜11時15分頃・オダギリジョー主演)が回を重ねるごとにどんどん面白くなっている!!大事件だ!!
って、他に大事件はなかったのかよ、永田さん。

世間は荒川静香に夢中のようです。
今日、渋谷に行ったら、スクランブル交差点を渡るとき、みんなイナバウアーをしながら歩いてました。しかも、渋谷駅前交番のおまわりさんが、「イナバウアーは体を反ることじゃないぞ!つま先を180度に開いて保て!」と女子高生に指導してましたから。まあ、ウソですけどね。

ただ、これで荒川静香は源、亀井に続く『日本三大静香ちゃん』に仲間入りしたんだなぁと思うとしみじみしました。
これからは、のび太さんが急いで「どこでもドア」を開いてしまっても、亀井静香ちゃんのお風呂場に間違えて入ってしまった、なんてことはなくなるわけです。
亀井静香ちゃんに「のび太さんのエッチー」っていわれる心配もなくなるわけです。
よかったなぁ。藤子・F・不二雄先生も天国で喜んでるだろうなぁ。

ところで、「オリンピックに出てれば私が金メダルだったのに。」とは、これっぽっちも思っていなさそうな浅田真央が世界ジュニア選手権(世界選手権じゃないんかいっ!)で4回転にチャレンジするかもしれないんだそうで。4回転が成功すれば安藤美姫も内心ではホッとするんじゃないかと思うんですが。まあ複雑かな。ミキティの心中察するに余りあるね。オー、難しい言葉使っちゃったぜ、カッコいいぜ、オレ。

で、WBCが始まりました。ワールド・ベースボール・クラシック・ラガー・ビール。
世界のワンちゃんが、スローガンの「スモールボール」だけでなく「ストロング」を強調するようにしたいと言っていたのを聞いてようやくほっとしました。
白靴下だか赤靴下だか知らないけど、スモールボール=つなぐ野球は、4番にバントさせる野球じゃないもんね。4番はサブローじゃないもんね。
アテネオリンピックの4番城島バントの悪夢だけは勘弁してもらいたいものです。

たとえ松中にバントさせないで併殺打や三振に終わって負けてもいいじゃない。4番ってのはそういう存在だもの。人間だもの。
それが嫌なら4番岩村にすればいいんじゃないですか。

まあ、アジアラウンド突破(アジアラウンドと言っても東京で開催ってだけでグループが地域ごとに分かれているわけではないです)は当然とはいえ、問題はそのあとですよね。
アメリカが決勝まで上がるためなのかなんだか分かりませんが日本の入ったグループは比較的楽そうなので(韓国・アメリカ・カナダ(?))最低でも準決勝まで楽しめそうです。まあ、それにしてもどうやって抽選したのかもよくわかないですな、WBCは。

それはそうと、王監督は「3月はソフトバンクのことを忘れてWBCに臨む」んだそうで。
ソフトバンクファンは怒らなくていいんでしょうか。
ソフトバンクはボーダフォン(日本)を買収するからそれで満足なんでしょうか。
もし阪神の岡田監督が同じことをいったら殴りにいってやりたいくらいだけどなぁ。
シーズン直前の重要な時期にそんなことを言ってまで日本代表監督がやりたいならソフトバンクの監督やめたらいいのに。

代表監督と兼任ってことで突然フース・ヒディンクを思い出してしまったんですが、サッカー日本代表は守備をどうにかしないで良いんでしょうか。ジーコはFW、FW騒いでるけど、どうせ攻撃は中村俊輔、中田英寿がどんだけ高い位置でプレーできるか次第なんだから、守備をどうにかしたほうが良さそうなんだけどそんなことはないんですかね。大げさな話、FWなんかキングカズでもいいくらいじゃん(よくないけど)。もう、こうなったらキングスライムでもムシキングでもキングアーサーでもキング牧師でも、誰でもFWにしてやるぜー。どーんと来いー。(BY上田次郎@TRICK)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月28日 (土)

働き者は損をする時代?

♪24時間たたかーえますかー、ビジネスマーン、ビジネスマーン、ジャパニーズ、ビジネスマーン♪
急に大声で歌いたくなりました。時任三郎(牛若丸三郎太)。古いなぁ~。前のバブルの時だもんなぁ。まあ、とくに意味はないんですけどね。「モンゴリアン」と叫ぶ警察官よりはましでしょう。

エイドリア~ン!

でも、いきなり歌っておいて、何の意味もないんじゃあ怒られそうなので、「ジャック・バウアーでもあるまいし、24時間も働けるかぁっ!」って突っ込んどくことにします。(働くんじゃなくてたたかうんだけど、まあ細かいことは気にすんなよ、兄ちゃん。)
僕なんか、「24 TWENTY FOUR」シーズン1をフジテレビが深夜に放送してたときに見ようとしたら、一時間で眠りに落ちていたからね。ましてや24時間をば。
テレビをつけたままで眠ってたら、途中ジャック・バウアーが、娘がどうのこうのとギャーギャー騒ぐので起きてしまいました。
このやろー、何時だと思ってるんだ、バウアーめ。くれぐれもシーズン5はテロじゃなくて市民の安眠を見守るストーリーにするように。

さすがに、シーズン4まで出てるのにひとつも見てないのはまずいだろうと思って、DVD借りようかと思ったんですが。おいおい、各シーズン1枚2時間のDVDが12枚もあるぜ。大変なことに気づいてしまいました。
そうか!24時間分がリアルタイムに経過するから「24 TWENTY FOUR」なのかぁ!もしかして、世界でこのことに気がついてるのは僕だけなんじゃないかしら。世紀の大発見!

なんて言ってたら「井の中のカワズ君」(フジテレビ火曜0時30分頃“絶賛”放送中)に出れないかなあ。出れないだろうなあ。オセロの松嶋はもっと何も知らないからなあ。残念。

それにしても、24時間分もドラマが続くのは長すぎます。普通の連続ドラマだったら2クール分ですよ。6ヶ月間。「渡る世間は鬼ばかり」と同じだよ。

でも、「渡る世間は鬼ばかり」がリアルタイムで24時間経過してるところをドラマにしてもつまんないでしょうねー。なんせ、大した事件が起きないもんなー。

事件が起きるとしたら、「幸楽」でラーメン食ってた客が、
「ラーメンの中にゴキブリが入ってるじゃねえか、ふざけんな」って文句言ってきたときに、
えなりかずきが、
「そんなこといったって、しょうがないじゃないかぁ」(ホリのモノマネ風に)
って逆切れするくらいですかね。
って、しょうがなくねぇよ。

しかも、こんな事件じゃあ、織田裕二は興奮してくれないよ。
まあ、松岡修造なら大興奮だろうけど。織田裕二もまだまだ青いのぅ。ふぉっふぉっふぉっ。

で、僕がえなりかずきにかまっているうちに、現実社会で起きた事件・ライブドアショックは落ち着いてきたようです。落ち着いてきた結果、マスコミがはじき出した教訓は、「汗水たらして堅実に働け」ということのようですね。

教訓は、かおる姫と付き合いたいときは怪しげな変装はするな、かと思いましたが。その教訓は浜中にしか関係しないのか。

しかし、だいたいこの手のことは、汗水たらして堅実に働くことなんかなさそうな人が言ってるのが笑えます。本音は、みんなが社長とかになろうとしたら、労働者がいなくなって俺たちが良い思いできなくなるじゃないかってことじゃないのかね。

そういえば、ホリエモンが言ってたなあ。
「ずるがしこい人たちに、だまされちゃいますよ。」って。

| コメント (0) | トラックバック (3)

2006年1月 7日 (土)

ズバリ言うわよ!

よぉ~く聞きなさい。
「半年以内に、日本で震度3の地震が起きるわよっ!」
ドーン!
ということでね、正月早々、細木数子顔負けの予言をしてやったぜ、へっへっへ。まあ、まず、当たるね。すごいな、オレ。

それにしても、細木数子は偉いなあって心から思います。何でそう思うかって、やっぱ圧倒的に顔がでかいもんね。大画面テレビから顔があふれ出そうな顔のボリュームは偉さの象徴ですよね。カーテレビだけじゃなく50インチのテレビからも顔があふれ出そうです。100インチでもあふれるんじゃないでしょうか。顔だけで直径2メートルはあるな。

ぜひ、細木先生が写っているときに家電量販店のテレビ売り場に行ってみてください。10個くらい並んでる大画面テレビの全部に細木先生の顔が映し出されると、その迫力に思わず土下座しそうになります。(っていうか、10個テレビをつなげてやっと顔全体を映し出せる感じでしょうか。)

で、やっぱりそんだけ顔がでかいと年末年始はテレビに出ずっぱりの細木先生。たくさん予言してくれました。(正月だけで5000万円・年間20億稼ぐらしいです。)

まずは、あともう数年後には日本人の全員が難民になるわよ!ズバリ!
日本はなくなっちゃうんだそうです。あら、大変。

で、ポスト小泉はというと・・・。
「安部さんは時期そーしょーね。」
ん?
「安部さんは時期そーしょーよ。」
細木先生、連発。時期尚早の間違いでは?

ちなみに、武部勤を首相にすると、政治家が「あんな首相じゃだめだ」と結束するので日本は良くなるのだそうで。何のこっちゃ。

クライマックスは、みのもんたにズバリ!
「交通遺児に携わってるある団体があるのね。あとで私が紹介してあげるからそこに寄付しなさい。寄付すれば手術は成功するわよっ」
細木先生が指示した特定の団体に寄付しないとダメなんでしょうか?一般論として、寄付すれば、ってのならまだ分からないでもないけど、ある団体って。それって、よく怪しげな宗教団体とやらが使ってる詐欺グループの手口と似ているような気が・・・。
と、と、とにかく、細木先生にお布施を渡せば地獄に落ちないのだー。うおー。(ちなみに、みのもんたの手術は成功したが寄付したかは不明だそう。

最後に、今年のプロ野球セ・リーグ順位予想をズバリ!
「中日、広島、巨人(の優勝)はないっ。阪神と横浜が優勝争いをするわね。でも巨人も優勝するかもね。」だそう。セリーグはパリーグに比べて運勢が良くないのがそろってるらしいです。占った結果巨人は優勝はないといってから、冷静に戦力的を分析するとまずいと思ったのか、優勝争いに巨人を入れてみた模様。あまり占いとは関係なさそうです。

まあ、でもね。やっとちょっとばかしまともな予言が来ましたよ。
阪神が優勝争いですよ。
連覇ですよ。
日本一ですよ。(細木せんせいはそこまでは言ってないけど)
さすが、だてに顔がでかいだけじゃないな。

| コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧