バンクーバーオリンピック

2010年2月28日 (日)

演技が終わった直後の浅田選手の顔は、できればもう見たくないんです。

NHKアナウンサー発言。

日本中が金メダルを取るのは無理だと悟ったその瞬間。
そのことを一番理解していたのは、間違いなく浅田真央本人だった。

4年前だったら余裕で金メダルだった。
4年前はもっと無心で滑れていたのに。

あんなに練習してあんなに努力したのに。
4年前より技術も演技力も進歩していた。
それなのに。

絶望に満ちた19歳の美しく悲しい顔を直視するのは辛すぎる。

「なんで氷に引っかかっちゃったの?あっ、氷が悪いんだー。はっはっは」
ひどく意地悪で、ひどく無神経な佐野稔の質問に
「何で思い切って飛ばなかったのかと今では後悔してます」と唇を噛みながら答えたその翌日。

浅田真央は
銀メダルでうれしいです、と言い
ソチオリンピックでは完璧な演技をしたいです、とだけ言う。

1億2千万人を勇気付ける宿命を背負った19歳。
所詮は他人事の1億2千万人は傷心の19歳に癒される。

横に座った姉の浅田舞が、
「演技のことなんかよりも、今何をしたいのかが一番聞きたいことですね」
と妹に優しく声をかける。

その姿だけが救いであった。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月19日 (金)

悔いが残りますね?

NHKTアナウンサー、織田信成に対して、発言。
間違いなく、バンクーバーオリンピックにおいて、ダントツで一番最悪な発言ですね。

織田信成の涙が4年の長さを物語っています。

小塚嵩彦は順調に育てば4年後はメダル候補ですな~。

ジュベールはなぜ4回転が飛べなくなったんでしょう。

西岡アナが日本男子はメダルを取ったことがないって連呼してて、横に座っている本田武史が傷ついてるだろうな、とちょっぴり心配になりました。

タカダイ、万歳。高橋大輔、タカダイ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

暴れん坊将軍になっちゃいましたね。スキーが。ふぁっふぁっふぁっ。

小林範仁、7位入賞で一言。
この人の飄々とした感じの異常なハイテンションは新キャラだよな~と常々思いますね。
クロスカントリーが世界レベルってのも新キャラだしね。
ノルディック複合団体もこの人の滑りに期待ですね。

加藤条治は、去年ダメだったし、今年もスタートがうまくいってないみたいって聞いてたんで、きっとメダル候補といわれながら取れないパターンかなーと思ってただけに、ホント良かったです。なんせ元世界記録保持者だしな。

長島圭一郎は調子に乗らせるとどこまでも調子に乗りそうなタイプだよね。
まあ、そういうタイプははまると一発勝負に強いすね。
なんか性格悪そうな顔してて、あんま仲良くなれなさそうなのが残念ですが。(←どっちみち仲良くなるチャンスがない)

及川佑君は良い人そうなので、残念。佑と書いてゆうや君。

あっ、あと、すごくマニアックだけど、滑降のアクセルルント・スビンダル(ノルウェー)が銀メダルだったのが残念でした。
2007年の事故で死にかけてたし、ぜひとも金メダルとって欲しかったけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

7位→6位→5位→4位

冬季オリンピックを見てると、いかにオリンピックでメダルを取るのが大変なのかわかりますね。
なんせトリノは荒川静香だけだしね。

もうちょっとだったのになー。
去年の今頃がオリンピックだったらなー。去年の今頃だったら27点台出してたのになー。

金メダリストのHannah Kearneyは素人目に見ててもすごかったです。
銅メダリストのShannon Bahrkeは笑顔がはじけてて素敵でした。
銅メダリストの隣に立っているアシスタントのお姉さんのスタイルが良かったです。
表彰台に立ってる人がみんなだぼだぼの服着てるから余計スタイルが良く見えたね。

それはそうと。(ゴホン。)

ソチオリンピックに出たら3位だぞ、なんていう無神経な話が出ないと良いですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

国母和宏とダブルコーク

成田童夢はどうした。成田童夢は。
と思っていたら、怒ってるみたいです。そりゃそうか。童夢、頑張ってると良いなあ。夢露はなにしてるんだろ。

それはそうと。
一番気になるのは、あのパンツは元々が腰パンできるようなパンツなのか?ってことですね。

きっと、サイズ大きいの注文して無理やり腰パンにしてんだと思うんですよねー。
もう、サイズ注文したときからみんな分かってたんじゃないかと思うけどね。
カズは腰パンしますよ、って。
いや、きっとサイズ注文する前から分かってたろ。

そんなにダメなことなら何とか事前に対処してあげればよかったのに、って感じします。
それを何もしなかったのは、要するに、周りも別にそんな違和感感じてなかったんじゃないんですかね。知らんけど。
あるいは、親方衆は誰もカズに文句を言えないような状態だったとか?
そうなんかねー。
ちょっと調子に乗りすぎちゃってるだけの普通の子なんじゃないんですかね。

こういうときは、かの石川遼クンと自分を比べてみたら良いんじゃないですかね。石川遼クンと自分を比べたら自分もカズも似たようなもんだろ。才能ないだけ、ダメかもね。

個人的には、メダルとってメディアが手のひら返し、っての期待してるんで、是非。

| コメント (0) | トラックバック (0)